オフィスシマザキ|島崎広彦|東京・青梅 - 急性腰痛(ぎっくり腰) 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

歩けない腰痛と足の痛み。30分以上歩けるまでに回復

体が曲がる。腰痛、そして足の痛み。長く歩けない。整体でどこまで治る。完治はいつ?

腰痛治療でいちばん大切なのは、目標設定。

治療院に通う一番の目的は、痛みが消えること。

「苦痛からの開放」 それ以外の目的はありません。

ギックリ腰の患者さんはそれでいいんです。 ぎっくり腰の前まで戻せばいいのですから。

ギックリ腰専門コースで、その日のうちに痛みを半分以下にして、残りは2日間で治るはずなので、
何回も通院する必要もないのですが、再発防止の意味を込めて、念の為、
もう1回来ていただいて、戻りを治すぐらいです。 合計2回の通院ですね。

でも、長年の腰痛患者さんは、
痛みが全て無くなることを目的にすると、なかなかそんな簡単には願いが叶わない事が多いです。

痛くて出来ないことができる様になるまでとか、まずは目標設定することをオススメしております。

そんな例が今日ございまして、
写真の種類は違いますが、同じ患者さん。
モアレは初回の写真で、服を着ているのは本日の写真です。
違いははっきり出ていますし、3分も歩けなかった状態から30分以上歩けるまでに改善。
すばらしいです。

これ、本日の写真です。

この患者さん、最初は駅までの10分が歩けずに、3回も4回も休んでいたのが、今は30分以上歩けるので、
喜んでもらえてるのかな~ と思っていたのですが、実際はそうではなく、

でも、やっぱり歩くと痛いという事実は変わらない。 3分が30分に伸びても、痛いのは同じ。

「やっぱり痛みが消えないわ。」 と、今日で最後になりました。

とても残念な気分になりますが、これだけ曲がっていたら背骨も何箇所も潰れているはずですし、
完治を目指すより、今の良い状態を維持していくことが大切じゃないですか?
駅まで歩いて買い物して歩いて帰って来られることを目的にして、
さらに目標を上げて1時間歩ける様にするために、まずは40分に挑戦して、次は50分に伸ばして、、、、

そう言っても無駄でした。

「完治」という本人の希望に添えなかったのが事実なので仕方がないですね。

事前に目標設定することで、今回のような、お互いに嫌な気分になることが避けられると良いのですが。

帰りにはギックリ腰がピッと伸びて歩いて帰れるぎっくり腰治療
ギックリピット青梅 青梅市の整体院 オフィスシマザキが、自信を持っておすすめする
ギックリ腰専門コースでぎっくり腰を即効改善
カイロプラクティックの技術を進化させた整体治療です。

オフィスシマザキ

電話:0428-33-3939

〒198-0021 東京都青梅市今寺3丁目385−6

・JR青梅線 河辺駅から車で8分

・圏央道 青梅インターから車で7分

・JR青梅線河辺駅から 梅77甲 裏宿町4分

 バス停から徒歩10分

JR河辺駅北口からタクシーで10分弱(1,000円弱です)

河辺駅北口、小作駅東口のタクシーの運転手さんなら

「オフィスシマザキ」でわかります。

コメントを残す