オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

息子の通う高校の野球部が甲子園出場を決めました。

 

埼玉県飯能市にある 聖望学園 。

野球部が、今年の夏の甲子園出場を決めました。
元阪神タイガースの鳥谷選手の母校です。

 

当時からの監督は名物監督です。
そして野球部の部長先生は、超イケメン先生という評判で、
帽子を脱いで、マスクをしていると、ほぼキムタクです。

たまたまスクールバスが近くを通るので、我が家の子供は3人共聖望学園に通いました。

息子が高校2年 次女が中学3年。
二人の在学中に甲子園出場してくれるなんて、二人にとっても良い思い出になるでしょう。
本当に感謝しかありません。

つきましては、
仕事を休んで(予約の変更をお願いして)、甲子園に応援に行きたいのですが・・・・

 

きっと学校側から見たら、

「いえいえ、そんな、仕事を休んでまで応援に来ていただかなくても。

それよりも普通に仕事をして、その分を寄付していただければ、もうそれだけでじゅうぶんです。」

そうは言われないか(笑)

 

 

2 thoughts on “息子の通う高校の野球部が甲子園出場を決めました。

  1. 冨岡文男

    島崎先生、こんにちは。私の息子は最後は連合チーム・・・でも背番号1で予選に臨みました。私が言うのもなんですが、連合チームらしからぬ素晴らしいチームで、TV中継(地方のローカル)されて、親孝行してもらいました。若者たちの青春、応援したいですよね、有難うございました。

  2. 匿名

    息子さん頑張りましたね。 本当に親孝行です。 でも、エースピッチャーの親って、本当に心臓に悪いというか、ずっと祈るような気持ちで試合を見ているのではないですか? 間近で見ていて、聖望の選手たちは本当に立派でした。 19失点。 「相手が大阪桐蔭だから仕方がない」 と言うのと、「痛いのは年だから仕方がない」 と言うのは、私の中では一緒で、確かに仕方がないんだけど、その中でもやるべきことに集中してやり抜く姿を、聖望の選手から教わりました。 「一生残る一瞬の為に」  良い言葉ですね。 初めて聞きました。 そんな一瞬一瞬を積み重ねた人生を生き抜く事ができるように、日々頑張ります。

コメントを残す