オフィスシマザキ|島崎広彦|東京・青梅 - 急性腰痛(ぎっくり腰) 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

今日は3時間半歩いたけど、明日も走れるか? 自分の体のケアに努めています。

この度、勤続30年のご褒美休暇を1週間いただいております。

休暇の目的は、ホームページをリニューアルするアイデア出しと、自分の体のリセットです。

お酒を飲まない、食事制限、運動する、痩せる。

 

休暇の初日は、80分歩きました。 ヘロヘロでした。

翌日は少し走りを入れて、1時間ちょっと。 ここで右足に痛みが発生。

治すのは専門家でも、走るのは35年ぶり。 この痛みが増加するのか? 増加したら歩けないぞ!

そんな不安に襲われます。 でも、走るのをやめて歩いているうちに痛みは収まりました。

これまで、患者さんに対して、

「今までやらなかった運動を始めたら、絶対に痛みがでますから。

でも、痛くなるからってやめないで、克服していかないと何も変わらないですよ。」

なんて言ってきたものだから、自分でもこの痛みを克服しようと、走り方を変えたり、足の指の使い方を変えたり、

いろいろ試してみても、10メートルも走るとまた同じ場所が痛くなります。

私の場合は、右足の人差し指と中指の付け根。 土踏まずよりもだいぶ前側。

足底腱膜炎とは痛む場所が違います。 そんな判断をしながら、歩いて宿まで戻りました。

 

そこからはプロの仕事。 これまで、こんなに自分の足をケアしたことがないぐらいに、

入念に知らべて、左足との違いを探り、右足の関節の動きの悪い場所を突き止めました。

問題発生場所さえわかれば、周辺の筋肉を緩めて、関節を動かして、血液を流して、

反省点の一つに、全く準備体操もしないで歩き始めたことを悔い改めました。

 

そして本日、ストレッチを30分ほどして、また歩き出しました。

アスファルトではなく芝生のところだけ走ってみましたが、足裏が痛くなりません。

そんなことで、本日は3時間半歩いて、その中の20分ぐらいは走っていました。

 

でも、大腿部やひざ、お尻がつりそうになってました。

 

今夜も1時間半、足を入念にお手入れして、さあ、明日も走れるか?

 

この体験は、患者さんにも役に立つと思います。

 

足をもんだり指圧したりしすぎて、手の指がつってしまいます。

 

4リットル以上のお水を飲んだのですが、脱水症状ですね。

お風呂に長く入りすぎたのも反省。

 

初めて買ったランニングシューズ かなり良いです。

このベストは500mlの水筒が2本入れられて、とても便利です。

 

 

オフィスシマザキ

電話:0428-33-3939

〒198-0021 東京都青梅市今寺3丁目385−6

・JR青梅線 河辺駅から車で8分

・圏央道 青梅インターから車で7分

・JR青梅線河辺駅から 梅77甲 裏宿町4分

 バス停から徒歩10分

JR河辺駅北口からタクシーで10分弱(1,000円弱です)

河辺駅北口、小作駅東口のタクシーの運転手さんなら

「オフィスシマザキ」でわかります。

コメントを残す