オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

久しぶりの技術指導

お花はいいですね。 
青い胡蝶蘭に引き続き、今回は青いバラ。

IMG_1331.JPG

こちらのバラは、チョコレートのコーティングがなされています。
(本物のチョコレートではないらしいですが)

IMG_1332.JPG

今日と明日は、伊豆大島の鍼灸師、浜岡先生が学びに来ています。
伊豆大島は私の患者さんも多く、土砂災害で被災された方もいらっしゃいました。
「何か支援できることはありませんか?」 と電話をした所、
「先生の治療を受けたい」 というお声を頂いてたので、
昨年2回、出張治療におじゃました際に、
「島内の先生が上部頸椎のアジャストメントがで出来たら、もっと多くの人のためになる」
と、島の人に紹介していただいた鍼灸師の浜岡先生と夕飯を共にし、酒を飲み交わしながら、
上部頸椎カイロプラクティックの素晴らしさと有効性を、ことさら熱心に説明して、
「やります」という返事と決意を取り付けました。
私のスクールは休校中なので、都内のカイロスクールに通っています。
道理を考えれば、よその学校の生徒さんなので、部外者の私が何か教えるのはご迷惑かもしれませんが、
この道に引っ張りこんだのは私ですから、ちょっと責任も感じて、ちょっとアドバイスを。

IMG_1338.JPG

良い種を蒔けば、良い花が咲き、
悪い種をまけば、悪い花すら咲かない。
何も蒔かなければ、雑草が生える。
「伊豆大島に上部頸椎カイロプラクティックの種を蒔いた男」 
そんな風に私の人生を評価してもらえたら嬉しいです。
全てを開示して、全てを伝承します。

2 thoughts on “久しぶりの技術指導

  1. 島田

    島崎先生
    はじめてメールさせていただきます。
    今回のブログを見て、とってもうらやましく思いました。
    私の地元も被災すれば、島崎先生に直接指導していただけますか? 
    先生のスクールはいつ再開しますか? 
    どうすれば、島崎先生のようになれますか? 
    島崎先生が種をまいたのは、大島だけではないと思います。 全国の治療家を代表して、島崎先生のスクール再開を懇願します。 不躾なお願いで失礼いたします。

  2. 島崎です

    島田先生
    コメントありがとうございます。
    ありがたいお言葉と受け止めております。
    首だけを押すカイロですから、どうみても簡単そうなのですが、実際、やってみると難しいものです。
    理論を教え、基礎を教え、解剖学生理学を教え、歴史を学び、リスクを考え、事例を学び、技術を教え、クセを見抜き、やってみて受けてみて、手を取り足を取り、最低1年がかりで育てていく。
    そこから実践し、壁にぶち当たり、その時必要な情報を自ら受け取りに来る。
    そんな取り組みなのですが、数年間やってみて、
    自分には教える能力が無いな~ と痛感していました。
    それでも大先輩の先生から、
    「それは教える能力でも、受け取る側の能力でもない。 それだけ難しいことを教えていると認識した方が良い。」 
    と言われて、それも嬉しく受けとめております。
    現在は現場の治療が忙しく、1年間の時間が取れないのが実情です。
    まずは他のスクールに通っていただいて、
    私は卒業後の、上級コース 実践編 みたいなものを考えるようにいたします。
    それでよろしいでしょうか。
    上部頸椎カイロを、地元に根付かせ、大輪の花を咲かせてください。
    青梅にも、多くの方が花見に訪れる、しだれ桜 があります。
    自分からお客さんのところに行かなくても、
    ただ咲いているだけで人を惹きつけるような、
    そんな花を咲かせられたら最高ですね。

コメントを残す