オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

頸椎手術 入院期間は2週間 術後3ヶ月の現在。 手術予定の方のご参考に。

 

この方は50歳代の男性。 主な症状は、左手指のしびれ

病院での検査では、頸椎の椎間板ヘルニアと狭窄症で、手術が必要と判断。

指示に従い、今年の8月に手術。


内容は、突出した椎間板を取り除き、頸椎の骨の一部を切って、

オーバーサイズのセラミックの人工骨をそこに当てはめて、

脊柱管の隙間を広げる、除圧法です。

入院期間は2週間。
手術はもちろん成功。 でも、翌日から首の両脇のコリがひどくて痛くて動かせない。

トイレにいくにも食事をするにも痛くて大変。(食事とトイレ以外することないけど)



リハビリの先生方に首を揉んでいただいて、10日ほどで首を動かせるようになった。

現在は手術をした傷口あたりにガムテープを貼っているような、そんな違和感と動きの悪さが残ります。

手のしびれに関しては、入院中は少し楽だったが、退院して仕事に戻ったら、手術前とあまり変わらない。

長い期間におよんで神経を圧迫していると、

神経繊維を潰してしまっているので、手術できれいに圧迫をとっても、

症状が変わるのには半年から3~5年かかる事もあると。

その回復までの期間で頸椎の治療を担当しております。

手術をなさった方の首でも、ちゃんと治療ができます。

これから手術をお考えの方に参考になればと、写真の掲載を許可してくださいました。

コメントを残す