オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

理由なき痛み

「先生、一昨日から腰が痛くなりました。また戻ってしまったのでしょうか?」
診察での問診は大体こんな言葉で始まります。
1回の治療と次の治療の間が、はじめの頃は2週間~3週間。
だんだんと1ヶ月~3ヶ月、長い人で1年に1回などのペースなので、
痛くなると、「また、戻ってしまった」と思いますよね。
そこで私が聞くのは
「なにか痛くなるような事をしましたか?」
「あれがいけなかった!というような、心当たりがありませんか?」
そして 多くの場合、「何もしてません」と答えが返ってきます。
私、「だとしたら、戻ってしまったのでしょうね。 検査してみましょう。」
そう伝えてサーモグラフやバランス計で確認します。
 先日の木曜日、朝3時に目が覚めて、そのまま予定していた原稿を書き始め、
それがまたスラスラ~と出来たので、子供達が目覚める前に完成しました。
(その間、絨毯に寝そべって腹ばいで原稿書き。)
小学校1年の長女をバス停まで送るときに、抱っこをして500m歩き、
年少の長男と遊び、たくさん抱っこして保育園に送り出してから、
今朝の原稿を子供が帰宅する前までにと、プレゼンテーション用にPowerPointに書き入れ、
(余談ですが今月の第3金曜日の定例勉強会は、オフィスシマザキで開催です。
私の開業20周年を記念して、
「事実は一つ、解釈は無数」という題名で、
今までの歩みと、経験値の意味をプレゼンします。
 今日まで、ず~っと続けられたのは、すべて患者さんに喜んでいただけた結果であり、多くの人々の支えがあったからです。
原稿書きの時も、多くの患者さんの顔が浮かんできました。
来週、経験の重さについて、ブログに書きますね)
帰ってきた長男と次女をつれて家の前の小川で沢ガニ取りをして、
暗くなるまで川で遊んで・・・・
翌日は、なんとこの私も、腰痛になりました。
「えっ 何もしていないのに・・・・」
よく考えれば、原稿をエビぞりになって書いたのも、
娘を抱っこして歩いたのも、チビの手を取って前屈みで川の中を歩いたのも、
すべて楽しくて、ノッているから何も気にせずやってしまっていました。
理由なき痛みはありません。 原因なき痛みはありません。
でも、みなさんが、体のことをいたわって、楽しいことすら我慢しているより、
なにも気にせず、夢中で楽しいことをして、気がついたら痛くなっていたという事実の方が、私自身は「お役に立てた」と解釈します。
また治せばいいことですから。
ちなみに私は、大阪で治してもらったばかりだし、ストレッチと運動をして1日で回復しています。
まあ、治ったから書ける話題なのですけど(笑)
そして今日は、次女 末っ子の2歳の誕生日です。
また抱っこしてダンスかな~。

2 thoughts on “理由なき痛み

  1. (^^)

    末娘様のお誕生日おめでとうございます。
    お子様たちの健やかなる成長を、心よりお祈りしております。

  2. 島崎広彦

    ありがとうございます。
    3人目は長女と違い、伸びやかに放任主義で育てられています。
    姉と兄に立ち向かっていく負けん気の強さを、将来自分のプライドを守るためだけではなく、他の人の人生を守る為に活かしてくれたらいいなと、思っています。 
    働くとは、傍を楽にする事。 
    将来必要となる肯定的考え方、知識、技術=マインド・ノウハウ・スキルのすべてを身につけられるように取り組んでいくから、 自分の傍らにいる身近な人たちを守れるような人間に育って欲しいです。

コメントを残す