オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

ポジティブな思考を

治療人たるもの、一切のネガテイブを身にまとってはいけない。
問題点にばかり目を向けず、改善策を模索する。
可能の反対語は不可能ではない。 それは可能性の追求だ。
少ない可能性をもこじ開けて、事実上不可能を少し改善の可能性有りに変える。
事実と事実上は違う。 
たった一人の医師による診断を鵜呑みにしてはいけない。
確かに治療人の技術には習得のレベルがある。
だからこそ我々は努力を惜しまない。
人間が生きる世界で限界を作るのは、ネガテイブな考え方である。
どうせ無理
治るはずがない、良くなるはずがない
自分にはできない
技術に自信がない
簡単にはできない
自分のネガテイブな考え方で限界を作るのではなく、
相手は(患者さん)無限の可能性を秘めた、
数々の奇跡を起こしてきた生命力というエネルギーに満ちた生命体だと考え、
相手の可能性を引き出すお手伝いをする。
自分ができなければ、出来る人を紹介する。
特別な器具、特別な処置、特別な関わりが必要ならば、
それを取り入れる。
患者さん自身も、たとえ唯一の方法が外科的な手術であるならば、
出来ればしたくないと思いつつ、必要と判断して受け入れなければならない時もある。
ネガテイブな考え方が可能性の枠を狭める。
選択肢を少なくする。チャンスを逃す。
ネガテイブな考え方が努力を止める。 成長を阻害する。
ネガテイブにならない方法は、講演活動やDVDに収録される予定です。

2 thoughts on “ポジティブな思考を

  1. aki

    私がポジティブになる方法は、ここ(島崎先生のブログ)に来ることです。
    いつもありがとうございます。
    ポジティブ思考取り戻しましたp(^^)q

  2. 島崎です

    僕がネガティブにならずにいられるのは、こうしてコメントをいただけるからです。
    今は自分の事よりも、子供をポジティブな大人に育てる事が課題です。

コメントを残す