オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

カイロプラクティック大学訪問記

アメリカ サウスカロライナ州 スパータンバーグ

シャーマン・カイロプラクティック大学 へ

跡継ぎ息子とふたり旅です。

 

まず、シャーマン大学の敷地内にあるカイロプラクティックミュージアムにて、

改めて歴史を学びました。

病院よりも早く取り入れたレントゲン写真の装置。

体の中を流れる電流を測定する装置。

背骨を治すための装置。

治療が必要かどうかを見極める装置。

など、追求して追求して、追求しまくったという痕跡がありありと感じられます。

アメリカ人のフロンティア精神というのでしょうか。

 

 

 

本当に脱帽です。

 

これは首の治療を練習するための人形です。

実際の頭の重さを考慮して、頭部は鉛で作ってあります。

そして押すべき場所は空洞にして、その上に皮を張って作っています。

 

どれだけの人数が練習したんでしょう。

丈夫そうななめし革がめくれ上がってしまっています。

 

 

本物に触れさせてもらいました。

 

 

1942年のパーマーカイロプラクティックスクールの卒業写真です。

 

 

左上がBJパーマー先生 校章を挟んで女性が彼の妻のメイプル婦人(教鞭をとっていました)

婦人の下には3代目のデビッド・パーマー先生

その右手にいるのが シャーマン先生です。

 

1937年の写真にも中心部分にシャーマン先生が。

 

BJパーマークリニックでも天才ぶりを発揮して、

パーマー大学でも指導にあたっていた、有名な先生です。

それが シャーマン・カイロプラクティック大学の由来です。

 

私の目的はアナトミーラボ 解剖室ですね。

 

そして、BJも大好きだった、親睦ゴルフ大会。

 

解剖はまだ見たくないという息子は、友人宅で預かっていただきました。

ゴルフの時もなので、ほぼホームステイの状態です。

 

本場のアメリカのカイロプラクティックに触れ、

歴史を学び、どの様な人たちがどの様な場所で、

何を求めて学んでいるのかを見させました。

 

彼が将来、一流のカイロプラクターを目指す上で、

具体的な努力目標が、まだまだ不鮮明ながら出来上がったようです。

コメントを残す