オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

子供に継がせるとは

日本中で中小零細企業の世代交代が進まないようです。
長男が家業を継ぐなんて事は、今の時代に通用しませんね。

政府も力を注いでいるようで、
経営承継円滑化法という新しい法律が出来たらしく、
勉強会に参加してきました。

 

お話の中心は税制面のことで、私にはあまり関係なかったのですが、

この講座の中で、どれだけ政府が世代交代を応援しても、
結局、いちばん大切なのは 後継者の心構え だと教わりました。

出発前に勉強できてたのは本当にラッキーでした。

うちの跡取り息子の心に、どれだけの 向上心と、感謝と、責任感 の種を蒔けるか。

さて、この数回は跡取り息子の話ばかりになってしまいましたが、
傍目八目(囲碁や将棋を指している本人には気づかない事が、傍で見ている者には8目先まで見える)で、
読者の方には何をするべきかわかっていると思います。

もちろん、私もわかっているんです。

どこに連れて行っても、何を教えても、
最終的に息子が見ているのは、私の仕事ぶり、生き様なんだと。

親がちゃんとお客様のために真心込めて仕事をして、
守るべきもの(法令と家族)を守って、
そんな毎日に生きがいを持って出かけていって、
ちゃんと笑顔で帰ってくる事を繰り返す。
それこそが最高の後継者育成なんだと。

普通に考えれば、私のような創業社長には、
労務管理や就業指導に目を光らす上司は居ないのですが、
現実的に私にとって非常にシビアな上司は、

何も言わない息子なのです。

 

お勧めの関連記事です。

One thought on “子供に継がせるとは

  1. 並木友子

    今晩は🎵数年前よりお世話になっております🎵年に2回程ですが夫の介護をしている割には元気です先日予約の電話をしましたらインターネットでお願いしますといわれショックでした

コメントを残す