オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

うつ病は治る という安心感

昨日は精神科の先生とお話をする機会に恵まれました。

たくさん聞きたいことがあるのですが、時間も限られているので的を絞って。

「この不況で職を失った方も多く、精神科を受診する患者さんが増えるのではなないですか?」

と聞くと、

「私もそう思いますし、実際にもう増えています。」 というお答えでした。

そこから話は発展していくのですが、うつは治るという実例をいくつも聞けた事が大きな学びとなりました。

具体的に治療方法に関しては、少しでも聞き間違った情報では困るので控えますが、

「薬は飲み続けていただく必要もあるのですが、今までどうり普通になります」という事でした。

薬を飲み続けるということは、治っていないでしょ! という感覚を覚えますが、

医療の中では 薬を飲んで症状がなくなった状態は治っている ようです。

それでも、うつから抜け出せると聞いて、すごく安心しました。

実際には、治りやすいうつ病と治りにくいうつ病があり、
その両者の違いも聞きましたし、その中で私がうつ病を発症するとしたら、
治りやすいうつ病だと希望的憶測による自己分析をしたことも安心材料なのですが。

新型コロナウイルスの悪影響は、自分や自分の周りが感染するとかしないとかだけではなく、
職業、収入、将来設計の全てが大きく変化してしまいました。

だれでもうつ病を発症する可能性が増えてきています。

特に、変化に対応しにくい人ほど、発症しやすい。

それでも安心してください。 うつ病は治るそうです。(薬は飲み続けるという前提ですけど)

4 thoughts on “うつ病は治る という安心感

  1. 匿名

    富岡様 ご連絡ありがとうございます。 どうなさいました? 僕が思っている富岡さんだとしたら、うつとは無縁だと思いますが。

  2. 冨岡文男

    こんにちは。冨岡です。いつもブログ拝見させていただいております。私のこの先の人生のヒント…羅針盤にもしており、楽しんでます。次亜塩素酸水の件やうつ病の件、ついついコメントしたくて・・・しかし、やり方がイマイチ正しいのかどうかで中途半端になってしまいました。改めてメールでコメントしようとしましたがリアクションがございましたので。さて、次亜塩素酸の件、世の中、玉石混交なので一筋縄ではいかないですよね。情報社会というけれどその情報にしても然りですよね。しかし、そこはさすが島崎先生。根拠をもって、医院を、そしてそこに来られる方々を守っておられる。感服です。うつ病についても体と心は表裏一体、本気で患者さんたちを救おうとされている先生だからこそ、大切な機会に恵まれ、それをまた発信して人々を救っているのだと思います。さて、このコロナ禍・・・私の周りでも会社が廃業、あるいは雇止めといった話が出てきております。他人ごとではないですね。これからの10年が特に大切だと個人的には思っております。21世紀の憲法と呼ばれているSDGsと31年のオフィスシマザキの行方を楽しみに自分でもできることを人並み以上にやっていこうと考えております。ますますのご活躍、祈念いたします。追伸…夏休みにはメンテに出かけようと予定をしております。その節はよろしくお願いいたします。

  3. 島崎です。

    富岡さん コメントありがとうございます。 野球がなくて残念です。 特に高校球児たちの無念を思うと、本当に心が苦しくなりますね。 これからどんな世の中になるのかは、良い想像ができませんが、体のことだけでなく、あらゆることで悪い未来を予防ができないのが人間の本性なのでしょうから、悪い現実に触れてから、また力を合わせて回復していくのだと信じてます。 私の未来予想図もズタズタに崩れました。 10年後の引退もなくなるのか、それ以前に10年後まで続けられるのかすら未知数ですが、つねに最善の努力をして、しぶとく生き残るのではなく、必要とされる存在意義を最大限に磨いていこうと思います。 夏休み・・・ 私も暇なので休業日が多くなっております。 富岡様が来られる日は開けますので、ご希望の日程がクローズでしたら連絡してください。 

コメントを残す