オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

King of Pop

今、マイケルジャクソンの映画を見て帰ってきました。
50歳にして、あの情熱、あのこだわり、あのダンス身の軽さ、
スタイル、そこから表れる強烈なまでの存在感。
そしてそして、メンバーに対する指示の的確さと、一言付け加える謙虚さ。
「心配ないよ」
「もう一回やろう、その為のリハだよ」
「怒っていないよ、愛なんだ。全ては曲のためだよ。」
すごい言葉の連続でした。
マイケルを支えるディレクターも
「僕に出来ることはあるかい?」
みたいな問いかけで、ステージ全体がハッキリと一つの目的に向かって
より良い挑戦をし続けている。
ダンサーもミュージシャンも、衣装の人も、み~んなマイケルのためにと、
「彼との仕事はスペシャルなんだ。 今までにない物を作ってみせるよ。」
口をそろえて語る。
『お客さんが求めているのは、非日常 なんだ。
僕らが目指しているのは、僕らも 未体験 の世界なんだ。
信じてやっていこう。 全力を出して欲しい。
そして、みんなにもう一度 愛 のすばらしさをわかってもらおう。
 
  愛が全てなんだ。 僕らは一つなんだ。
 
今から4年で環境破壊を食い止めよう。地球の問題は人間の暴走だ。
ある人は言う 
   「それはきっと誰かがやるさ!」  
そう だから僕らから始めよう。
今なら間に合う。 今なら治せる。』
マイケルジャクソン
キングと呼ばれるスーパースターの、根幹にふれることが出来ました。
 

コメントを残す