オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

長女の大学の夏休み後の後期授業が、最初の2週間だけリモートになり、
しばらく我が家にいることになりました。

解剖学の授業とか一緒に参加させてもらったりして、
私も楽しんでおります。

後期の授業はリモート授業で英語から始まったのですが、
始まるやいなや、友人から「なんで出席しないの!」 と電話が来てました。
ちゃんとお友達も出来ているんですね。

何日かアルバイトでオフィスシマザキに出社をして、
患者さんにもご迷惑をおかけいたしました。

でも、患者さんとの会話をお勉強させたくて。

例えば、というか実例ですが
「この頃1週間前ぐらいから膝が痛くなった」と、患者さんが言いました。

私「この頃、膝が痛いという患者さんが増えているんですけど、何かしました?」
と聞き返します。

多くの方がそうであるように、その方も
「特に何もしていないんですけど・・・」  と答えてます。

そこで私は、
「他の方にも聞くのですが、お彼岸でお墓参りに行きませんでした?
お墓まで重たい水桶持って、坂道を登ったり、階段を登ったり、
墓石の周りを掃除したりしませんでした?」

ここまで聞くと、
「あ、行きました。 そのとおりです。」 という答え。
さらに、雨で畑の草が根っこを張りすぎて抜けないから、スコップをガッて蹴飛ばして
穴を掘るようにして、根こそぎ草取りをしたんだとか。

娘に振り返って、
「な、ちゃんと話を聞けば、年だから痛いなんて言えないだろ。
この行動で膝の内側に痛みが出ていたら、関節じゃなくて鵞足炎だよ。」

みたいな感じで、診察力を学ばせてます。

 

 

「こっれちょ~うだいっ」 の一言で、
医学書数冊とアルファード持っていかれました。

さっきの友達らとスキーに行くから、大きい車が必要なんですって。
キャリア付きだし、最高でしょうね。

 

コメントを残す