オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

GNPが減って医療費が増える

「人間ドックを受診してからブログの更新がないから心配してました」
今日患者さんにそう言われてハッとしてしまいました。
ブログを読んでいただけていることも嬉しいですし、気にかけていただいていること嬉しいです。
おかげさまで元気にやっています。
検査結果はあとから郵送というタイプなので、全体の詳しい状況はわからないのですが、
脳の造影剤検査に関しては当日説明していただいて、全てOKでした。
実際はとっても感じの良い病院で、カメラ撮影も気軽にOKしてくださいました。
ただ、点滴の注射が痛すぎるだろ~!
両手両足で同時に血圧を計ります。動脈硬化を見つけるためですね。
大動脈解離とかの診断にもなります。

写真 (38).JPG

この写真、誰がとったの? って感じですよね~

写真 (37).JPG

検査が終わって点滴針を抜いてビックリ! 太いのなんの! 
「今時こんなに太いの使っているんですか~」とクチを滑らすと、
「造影剤のヨードはドロっとしているので、太くないと入らないんです」
と、ごもっともな回答を頂きました。
こうやって健康管理と病気の早期発見に務めることで、
健康で長生き、そして人に迷惑をかけない(体に関してはね)生き方ができます。
でも、その為の費用って、保険が効かないんですよね。すべて実費。
国民健康保険って、健康な人は使えずに、病気の人しか使えない。
医療費高騰が国家問題ならば、病気の人を減らすことで医療費削減してくれたらいいのに。
どう考えたって治療費よりも事前対応の予防費の方が安いですよね。
しかも家族の一人が病気になって、家族の誰かが看護につきっきりになったら、
その家庭の労働力が2人分減るわけですからね。
家計も厳しくなりますし、労働人口が減るから税収が減る、しかし医療費が増える・・・・
ただ椅子に座っていてもタコはとれない。
どうやら健康もだまっていても与えられるものではないようです。
食事
運動
睡眠
歯磨き
ストレス管理
暴飲暴食と喫煙の自粛
定期健康診断
楽しくワクワクするような予定や計画を持つ
そして、オフィスシマザキで首を整えると脳が体を治しだす状態にする。
いかがでしょうか(笑)

4 thoughts on “GNPが減って医療費が増える

  1. よこぴー

     
    確かに(笑)
    血圧測りながらこんなに笑顔、おかしすぎです、さすがです!

  2. 島崎です

    Akiさん
    点滴注射針を刺した時は、完全に笑顔が消えました。
    もし次に検査を受けるとしたら、例の電話予約の質問の3番目、
    ヨードに対する反応、ヨードアレルギーはありますか?
    「ヨードには反応しませんが、ヨード注射の針には異常に動揺します」 
    って答えるよゼッタイ。

  3. 島崎です

    よこぴーさん
     良く診てあげよう! と思ってもらうための秘策です。
    「高い料金払っているんだから、ちゃんとやってくれよ!」
    こんな態度は、あきまへんわな~

コメントを残す