オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

79歳。 運動を始める。

山梨県から通ってきてくださっている79歳の女性患者さん。
手芸が好きで運動嫌い。 
それでも毎回運動の必要性を話していると、
たまたま市町村の運営する運動教室の案内チラシに目が止まりました。
バスで送迎してくれるのも魅力的です。 すごいですね。 山梨県甲斐市。
ずっと1人で頑張ってきた方です。
運動音痴で初めての集団行動。 すごく不安を持って申し込んだそうです。
すると、同じバスに乗る先輩が、とにかく優しくしてくれるそうです。
ご本人の言葉をそのままご紹介すると、
「私よりも年上の方が、自分の孫のように優しくしてくれるんですよ~」
思わず笑ってしまいました。
ところがよく聞いてみると、バスに乗り込めばシートベルトはしてくれるし、
教室でも色々教えてくれるし、先日は外でバスを待っていて乗り込んだら、
「寒かったでしょ~って、私の手を擦ってくださるんですよ~。
 そんなことしていただけたのは、子供の時にお母さんにしてもらって以来初めてですよ~」
なんだか涙が出てしまいました。
そんな優しい人たちの為に、もっと役立てる仕事をしなければならないですね。
そんな方たちのさらなるチャレンジを応援したいです。
さて、仕事と同等に取り組んできた 古くて動かないスクータ救援活動 も1つの目標達成をいたしました。
非力な女性でも乗れるように、すべて完璧に仕上げたベスパが完成しました。
それを家内に献上し、基本的な操作を教えて、ちょこっと練習をして、
昨日は奥多摩湖まで、紅葉を見にツーリングに行きました。
ベスパはマニュアルの自動車と同じで、クラッチとギア・チェンジがあり、
それを左手だけで行わなければなりません。
ですから左手は休む暇がありません。 男性でもイヤになってしまいます。
長く乗ると握力がゼロ、何も握れなくなります。
初めて乗ったバイクがベスパだとすると、とても不幸な人だと思われます。
先日バイク屋さんに、なんでベスパはこんなに人気がないのか? という質問をしたら即答で、
「乗りにくいからですよ」 という答えが返ってきました。
家内も途中、もう帰りたいと3回泣いてしまいましたが、
左手をマッサージしてあげながら、なんとかなだめて、
とりあえず奥多摩駅。 そこで患者さんに出会ったので記念写真を写して頂いて、

写真 1 (22).JPG

そこから15分。 目標の奥多摩湖到着。 紅葉にはまだ早いですけど。

写真 2 (19).JPG

どんな事でも、チャレンジするのはいいですね。

2 thoughts on “79歳。 運動を始める。

  1. みのきち

    患者さんのお話、いいですね~。
    ホッコリしました。
    奥多摩湖までのツーリング、奥様、よく頑張りましたね(^ ^)素晴らしい。
    左手をマッサージした効果ですかね 笑。
    私事ですが、少しだけ報告させて下さい。
    10/19に、無事アクアラインマラソンを完走しました!!
    天気は最高で、アクアラインの風も爽やかでした(^ ^)
    そして、私の挑戦はまだ続きます。
    11/3に、湘南国際マラソンを走ります。
    2週間間隔でフルマラソンに出るのは、私にとっては未知の世界。
    案外調子がいいかも?!笑。
    怪我なく、できればタイムを更新できるよう、祈ってて下さい。

  2. 島崎です

    みのきちさん
     患者さんの話、いいですよね~。
    家内も頑張りましたよ。
    かなり泣いてましたけど。
    みのきちさんもすごいですね~。
    ベスパは左手が大変だけど所詮エンジンで動きますから。
    自分の足で42.195kmも走るのって、
    私達には考えられません。
    それを2週間隔で続けるなんて。
    みのきちさんも完全にマラソンアスリート体型になっていますし、
    記録も期待できますね。
    応援しています。

コメントを残す