オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

3割3分3厘

0011 (2).JPG私の著書、「首を整えると脳が体を治しだす」
の170ページを見ていただきましたでしょうか。
治療しても、全く効果がないにも関わらず、
それでも何度も患者さんに通ってもらう事は、アメリカでは犯罪です。 
訴えられます。 1ヶ月間と決められています。
私も3回治療して、全く効果がなかったら、もちろん他の治療をお勧めします。
自分の技術では対処できないのですから。
患者さんの必要な治療がここにはない。
そう思っても、「また来てください」 と言うのは、本来の治療院の姿ではないと思います。
私は自分が3割バッターだと認識しています。
3打席に1本はヒットを打つ。  3回治療すれば、1回は効果が出てくるはず。
もちろん、第1打席からヒットを狙っているので、それができれば10割バッターです。
先日、机の掃除をしていたら、2003年のノートが出てきました。
「アジャストメントの切れが悪い」 と表題にして、
足の位置から手の位置、骨盤の向きなど、細かくチェックしていたことが書いてありました。
「あ~! 7年前でもこんなに悩んでいたんだ~」
そんな事忘れていたので、ビックリするような、懐かしいような。
こうやって、少しずつ技術を磨いていったのですね。
よしっ。 まだまだ成長できる。
今はまだ3割3分3厘のバッターなので、
3回受けても変わらない患者さんには他の治療をすすめますが、
5年後とか、10年後とかにまた来ていただけたらと思います。
もっと技術を磨いておきます。

お勧めの関連記事です。

コメントを残す