オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

14年ぶりの日本新記録を再更新するぞ!

男子1万メートル日本記録保持者の村山紘太選手(写真中央)が、
今月末の日本選手権に向けて調整に来てくださいました。

写真右には双子のお兄さん謙太さん。
謙太さんも3位以内に入賞すればリオ・オリンピック代表入りです。

 

13407407_10209518728990811_2099859626_n
 

お二人に来ていただいて、私は本当に勉強になりました。

見てのとおり顔がそっくり。ぱっと見ての骨格もそっくり。
現在は同じ競技で大活躍中。

でも、シンスプリントと言って、陸上選手に多い疲労骨折の症状が真反対なんです。

紘太選手は左。謙太選手は右。

私の経験では、足の長さに関係します。
(私の経験といえば、地元の陸上部の中学生が来てくれるようになって、
だんだんにインターハイやインカレの選手が来てくれるようになり、
ついに日本トップクラスのアスリートが頼ってくれるようになりました(><)

疑問に思いながら検査を進めると、なんと足の長さが真逆でした。
やっぱりそうか! 私の持論は間違いじゃなかった! と思った瞬間でした。

さて、それでは上部頸椎は~? と触診をすると・・・・

紘太さんは 頸椎1番右ズレ。
謙太さんは オヤ? 頸椎2番右ズレ。 それも、大きく。

「何かした? 強い衝撃がかかったこと無い?」

「あ、謙太は元ラグビー部だったので、かなりタックルでやられています。」

長年の苦労が全て実った~ と叫びたくなりそうでした。

現在、アジャストが終わって40分の休息中。

今から起こして、足の長さが揃ったかどうか測ります。
(動画とっちゃおうかな~笑) OKがでたら、動画追加しますね。

 

コメントを残す