オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

防犯カメラの中の二人組

10何年も前ですが、近くにある看護学校の生徒さんに、
受付とアシスタントのアルバイトをしてもらっていた時がありました。
歴代、というか、1人が上級生になって実習が増えると、下級生が来てくれる、
という感じでした。
その中のTさんが、お財布ごとキャッシュカードを盗まれて、
口座のお金を全額引き出されるという被害に遭いました。
すぐに被害届 → 引き出されたキャッシュディスペンサーの特定 → 防犯カメラ解析 
すぐに解決するはずでした。 警察に呼ばれたTさんに警察官が聞きました。
「この画像に写っているのがお金を引き出した犯人です。お心当たりはありますか?」
するとTさん。 ハッとしながらも
「いいえ。 知らない人です。」 
これで事件の解決はできなくなりました。
画像に写っていたのは、仲良しのクラスメートだったそうです。
さて、私のオフィスの空き巣事件ですが、防犯カメラに二人組の姿が写っていました。
車種も特定できています。 しかし残念なことにナンバーが読み取れません。
「夜露とホコリでカメラのレンズが曇っているんですね~」 
おーい 防寒カメラ~!
「フード付きの上着を着ているのですが、先生なら姿勢を見て思い当たる人もいますか?」
 首を触ればわかるかもしれませんが・・・・ 
「とりあえず見てください。」
アッ・・・この猫背・・・ 「いいえ。知らない人です。」
犯人の方、今回は捕まりそうもありません。
私のところの被害は被害とも言えないような軽微なものですから、
前から書いているように感謝しています。
警備の弱点も重要性も、そして危機管理意識も身につきました。
でも、もう二度と犯罪に手を染めないように、
何か手に職をつけてください。
自分の実力がつくまでは、謙虚に素直に人に尽くして引き立ててもらい、
そこで厳しく育ててもらい、その間に技術もノウハウも自分の身についてきますから、
その技術は一生自分を助けます。 技術は自分を裏切りません。
安易な道ではありませんが、そんな安全で安定した生き方もあります。
「空き巣も技術ですよ」 そう反論されると・・・・
確かに見事な技術でしたが、警察当局を敵に回すのですから、
その技術はやがて身を滅ぼします。
引き続き、全力で捜査するそうです。 いつか、点と点が線で結ばれると。

2 thoughts on “防犯カメラの中の二人組

  1. ヌーピ

    なんとも言えない残念な結果でしたね。ほんとに常習犯だとしたら、私だったら警察に捕まえてもらいますけどね。
    犯人の方がもし先生のブログを読んでいるなら、先生のメッセージをしっかり受けとめていただけたらいいなーと思います。
    まだまだ人生先が長いですし(たぶん)今とは違う人生、がんばってやってみてください。きっと道は開けます。
    ってここに書くのもおかしな話でしょうか。

  2. 島崎です。

    ヌーピさん
    いつもコメントありがとうございます。
    前回のコメントでも山辺を気遣ってくださいましたね。
    でも、やっぱり・・・・
    もちろん、山辺さんじゃないですよ(笑)
    犯人の二人が読んでくれているといいですね。
    常習犯なら、いずれどこかで捕まるでしょうけど。
    明日は防犯について書きますね。

コメントを残す