オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

金魚すくいチャンピオン

先日の会合は面白かった~。
参加者6名がみな個性的で、おっかしな過去を持っている。
その中でもひときわ面白い話題を提供したのは、あるプロデューサーで、
彼の奥さんは、全国金魚すくい選手権に出るほどの、凄腕勝負師なのだ。
3分間に50匹近い金魚をすくう。
i-phoneで動画を見せてもらったら、ビックリ仰天、
手桶の中が真っ赤になるほど、金魚だらけになっていく。
それを見ていたのは私を含む治療家2名と古武術の師範、
そして元デイトレーダーの極真空手家。
それぞれが金魚すくいの技術を分析し始めた。
入水角度や流体力学、フレームショットや東南西北表裏一巡など、
ネーミングもしながら持論を展開する。
彼はそれぞれのやり方を、「さすが」とか「するどい」とか、
「さすがプロは見どころが違う」などとほめて盛り上げてくれる。
「島崎先生、やり方に走ってますよ~。在り方ですよ。」と
元極真空手家の社長にいじられたところ、
「そうなんですよ。僕も妻に教わって15匹まで救えるようになったんですが、アドバイスされるのは心の在り方なんです。」
と、彼が話してくれた。
その後の話がまさしく人生の教えになるような深い話でした。
良い仲間と、ためになる話を聞いて、おいしいお酒を飲む。
これほど幸せな時はないですね。
やり方ですが、ちょっとコツを教わったので、夏のお祭りでは
子供たちにいいところを見せられそうです。

2 thoughts on “金魚すくいチャンピオン

  1. (^^)

    夏祭りの季節がやってきますね。
    金魚すくいのやり方のコツと
    心の在り方
    よろしかったらご伝授ください♪

  2. 島崎です

    わかりました。
    でも、心の在り方は教えてもらっていないのです。
    どの世界でも、マインド・ノウハウ・スキル
    この三つが必要ですよね。
    スキル(やり方)は少し教わってきました。
    まだまだ机上の空論ですけどね。 

コメントを残す