オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

遠藤周作さんの文章から 

若い頃の勘違いなので、クリスチャンの方には、大きな心で赦しながら読んでいただきたい。
ずいぶん前に読んだ本なので、記憶も定かではないのだが、
「”癒し”はイエスの神性を表す技だった。 
イエスは旅先で出会う多くの人々の体の不調を救った。」
という一文があった。 これを読んだ私は、
「おっと。自分も神に近いのでは!!。
そうだ誕生日は10月 4日(天使の日)だし。偶然じゃないぞ!」
などと、今考えれば恥ずかしい発想をいだいた。
文章は続き
「しかしイエスは実際に痛みを消し去ったわけでも、失明した
人の目を見えるようにしたのでもないかもしれない。
イエスは痛みに怯える心を癒し、不平不満や比較をなくし、
目では見えなくても心の目を開かせたのではないだろうか。」
この後半の文章の意味が最近になってよくわかる。
わかると言うよりも、治療の核心を突いている言葉に思える。
変形しているから必ず痛いわけではない。
老化だからもう治らないわけではない。

この二つは、現場の経験から痛いほど身についている。
治療して、ちょっと考え方と行動を変えれば、多くは改善できる。
毎日患者さんの口から、
「あきらめなくて良かった」と言ってもらっている。
ストレス。心が不健康になっている方が本当に多い。
治療家には、技術だけじゃなくやさしさや思いやりが求められている。
選択理論心理学で心を、今まで20年間積み重ねた技術で身体を癒す。
私自身が不安だったり、イライラしていては決して他人をサポート
できない。
その為にも、自分自身が幸せでなければいけない。
この1週間はとにかく幸せで、たくさんの出会いでワクワクしどおしだった。
私の人生に迷いはない。 悩みはあるけど、迷いはない。
これからも多くを学んで、人間的に成長していきたいと思う。

コメントを残す