オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

進行性

進行性の病変で経過観察をしている男性患者さん。
先日、半年の定期健診で写したMRIには、
1年前の画像と比べて驚くべき結果が出ました。
指だけ写っている担当の医師いわく
「あれれ、進行するどころか、改善しているね! ここ。」

DSC_1243.JPG

私のところを「首トントン療法」と呼んでいる石原さんの症例です。
アイパッド・ミニで写した写真を、今度はガラ携帯で写して、
それでメールで送ってくださいました。
こんな一言も添えられていました。
「必要なら西嶋先生にチャンとしたMRI画像をもらいます♪( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆
 信ずる者は救われるを実感しています♪
 嶋崎トントン先生には感謝d=(^o^)=b」
島崎の島は西嶋先生の嶋とは違うのですが、
そんな細かいところを突っついてもしょうがないので、
今度来た時も、首をトントンって突っついてやりましょう。

2 thoughts on “進行性

  1. よこぴー

    進行性なのに改善って、
    首トントンの効果は素晴らしいですね。
    ちなみにこちらの男性患者さんの年齢をお聞きしてもよろしいでしょうか?

  2. 島崎です。

    ちゅ  
    よこぴー先生
    現在65歳ですね~。
    実は写真を拡大すると、名前も年齢も書いてあるんです。
    了承済みです。
    病院でも熱く語って、西嶋先生も
    興味を持ってくださったようです。
    首トントン療法

コメントを残す