オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

逆算の人生

日本人の死亡原因は相変わらず、ガン・脳・心臓が多い。
そこから逆算するとストレスと動脈硬化が注意点だ。
私の場合は、もし体調が悪いときにはそれがガンによるものかどうかを調べてもらう。
ガンではなく、コレステロールと血糖値が高くないならそれ以上は
調べないし悩まない。
体調を気にして、こだわるほど不安がつのり、ストレスになり、
自律神経失調症だの、軽うつだの言われるだけだ。
ここでプラス思考を働かせ、また楽しい人生を計画すればいい。
私の手相は、生命線が短い。
ちょっと手相に詳しそうな人には、わざと見てもらう。すると、
「あっ、イヤな物みちゃった」
という顔をして、健康には注意した方が良いよと言ってくれる。
「スバリ寿命は?」と聞くと9割の人が 「45歳ぐらい」 と答える。
占いも神も信じないので気にもしないのだが、いつかは死ぬ事は
理解している。
私の手帳には10年後の自分の成長を意識して、行動計画が明記してある。
45歳は通過点にすぎない。でも、どうせなら言われるように太く短く
(45年なら短いといわないのかな?)
生きてやれ! ってな調子で、仕事も遊びも組み込んでいる。
そもそも人は死に対する恐怖がつよい。だから未来に目をそむける人が多い。
なるようにしかならない。 考えても仕方がない。 怖くて考えられない。
逆に、死の恐怖を克服するために、宗教や哲学が発展してきたと思う。
私は宗教的にではなく、自然学的に死を受け入れているので、
明日かもしれない自分の死に対する準備もしっかり整っている。
子供も小さいので無念ではあるけど、恐怖はない。
一度きりの人生。 2度目はない人生。 
迷っている時間が一番もったいない。 マイナス思考は何も生まない。
 
スタバで今月発売されたタンブラーは・・ 買わないことにした(笑)
次の休みは名車を木陰に停めて、手になじんだタンブラーのカフェラテを飲みながら、読書をする予定。 
 

3 thoughts on “逆算の人生

  1. 昨日、左後ろに座ってたメタボです。

    先生、発見してしまいました!
    さすが、ポジティブマンですね!
    今、極度のストレスかかえて事務仕事していたところですが・・、「ふっ」とこちらを読ませていただき、一気にふっきれてしまいました。
    僕も明日終るかもわからない人生、今を精一杯生きる!この繰り返しで、先生のような素敵な男性になりたいと思っています!!

  2. 島崎 広彦です

    「素敵な男性」だなんて言ってくれるのは・・・あ~飯田さん ってわかってしまったらメタボと認めてるという意味になってしまって失礼なことですよね(笑)自分は誉められているくせに(笑)
    やさしげな笑顔でしたけど、やっぱり誰でも苦労がありますよね。
    私も自分を満たしてくれる何かがないと、がんばれないし、嫌になっちゃう時もありますよ。
    だから、自分を満たしてくれる何かをも、自分が努力して手に入れるのですけどね。 それは
    健康な体と、信頼に基づいた人間関係。
    それがあれば最高です。
    その他に、目的目標や充実感。
    自分に似合うと思い込める服や小道具などなど。
    スタバのタンブラーもその一つになるかどうか考えてました。
    名車と書いたのは先月買い換えた17年前のクラウンワゴンです。
    このクラウン・・・買ってみてわかったことは、「自分には合わない」でした。
    やっぱり速い車が好きみたい。
    前向きだから(笑)

  3. 島崎 広彦です。

    追伸。
    8月30日にUPした、遠藤周作さんの書物から のラストに、
    わくわくするような出会い と書きましたが、
    その出会いの一つが、通りすがりの中古自動車屋さんで発見したこの「不朽の名車 クラウンワゴン」でした。
    スピード違反と交通事故を回避するのに最適な、
    この遅~いクラウンに自分を合わせます。

コメントを残す