オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

親孝行

今週の木曜日金曜日と連休をいただいた。
20日に父が84歳の誕生日を迎えた。 遡って6月の母の誕生日ごろに、
「どこか行ってみたい温泉か何かある?」そう聞くと、TVで見たらしく。
「法師温泉に行ってみたい。1度行ってみたい温泉の第1位だった。」
と言うので、ならば紅葉のキレイな時に行きましょうと予約をしたのだ。
この日のために、先日買った私の車のガラスにはスモークフィルムを
貼らずにおいた。 二人がキレイな紅葉を見られるように。
でもどうやら、父の車で行くらしい。
80歳の誕生日のお祝いに買った。 88歳の米寿まで乗ってもらおうと
ナンバーは 80-88 で、色は・・・・ベージュ。
この車の方が燃費が良いしナビはついているし。
今回は家内と学校のある子供達は行かずに、親子3人旅行だ。
温泉に入って、プロの治療家が肩もみをする。
子供の時からず~っと肩もみしていた二人の背中が、私の指先感覚を鍛えてくれた。
そんな事や、産んでもらったこと、育ててもらった事への感謝と、
他の患者さんに対しても、もし自分の両親だったらどうするだろう?
そんな原点思考に回帰できる旅行になりそうだ。
(2008.6.25 三日間のセミナー に私の生い立ちが書いてあります)
これからも、患者さんは皆家族。
「楽になった。生き返ったようだ」
そんな喜びを日本中から集められる治療院を作ります。

2 thoughts on “親孝行

  1. うっちー

    お世話になります。
    いつもありがとうございます。
    親孝行素晴らしいですね、島崎さんのその原点を忘れずに患者さんに接していけば、必ず成果は出ますし、人に喜ばれる人生になると思いますよ。
    人生の目的は遠いところにあるものかもしないけど、一歩一歩見えない階段を上っているんだと、自分を認めていくことが日々の満足に繋がるんでしょうね。
    日本一の治療院を是非これからも応援させてください!

  2. 島崎 広彦です

    オオッ 尊敬するうっちーからコメントをいただけるとは。
    最近気づいたことで、とても楽になった事があるのですが、
    「自分は大器晩成型なんだ」
    そう思うようにしたら毎日が楽しくて仕方ありません。
    本当に見えない階段を嬉々として登っている感じです。
    いろいろご支援ありがとうございます。
    明日から行って参ります。

コメントを残す