オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

薬の副作用

先日もある患者さんの副作用が発見された。
十二指腸の薬でドグマチールというものがあるのだが、
長年服用すると中枢神経を侵してパーキンソン病のように、
手足の震えが出てしまうらしいのだ。
自然療法の観点から言うと、薬は体に良くないものになる。
理由は当然、「不自然だから」。
でも、すでに不自然な状態に陥り、自然で健全な機能がでなくなった病的な体を
本来の自然な状態に近づけるだけで病気が治るのかというと、
そういう場合もあるし、そうもいかない場合もある。
「薬は副作用もあるし、不自然なものだから飲まない方がいい」
これは事実だし、私もそう信じているからほとんど薬を飲むことがない。
でも、この考え方を、すでに病気になった人にも啓蒙すると、
数年後に私の母のような結果を招くことになりかねない。
「薬は副作用もあるし、不自然なものだから飲まない方がいい。
 
 だから薬を飲まなくても済むように、健康管理、予防医学、事前対応を
 心がけましょう。食事と運動、そして良い姿勢です。」
この事を伝えていきたい。

2 thoughts on “薬の副作用

  1. 島崎です

    よこぴーさんありがとうございます。
    ここから1週間は母に根性出してもらって、
    チューブの入っている違和感と、
    リハビリに頑張ってもらうだけです。
    今回の手術で、
    母が一番ポジティブだと改めて証明されました。
    私も少し受け継いだみたいですけど。

コメントを残す