オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

自分の未来を変えるために

一昨日、息子が通う英語の幼稚園が債務超過で倒産した。
園内の備品は全て差し押さえられるので、
個人の荷物は全て引き払うようにというメールが来たのだ。
昨日は夜6時から経営者からの説明会があり、家内が参加したのだが、
かなりズボラなワンマン経営だったらしい。
「せめて3月の卒園シーズンまでなんとか継続できないのか?」
という質問にも、「もう無理です」の回答のみ。
そこにはナオミ先生という優秀な先生がいて、
子供達だけでなく親からも信頼と人気を集めている。
そして、彼女の教えを求めている家族がいる。
「有志の人たちでナオミ先生と小さな教室を続けたい」という意見が出された。 
私もその方がよいと思っていたので、家内に同じ事を発言してくるように頼んでおいたのだが、同じ考えの人の意見に安心して、
「やりましょう」とだけ言ってきたらしい。(笑)
私も20年経営をしてきて、つくづく理念経営が大切だと痛感している。
誰のために、何のためにという経営目的が、常に同じ方向を指さしていなければ、舵取りを間違えてしまう。
ちょっと軌道が外れても、もとに戻すより流されてしまうのだ。
私が経営をする事になったとしたら、
英語の幼稚園 3歳~6歳対象 園の名前は 「Right」 ライト
経営理念。「私たちは英語教育を通して、子供達に一生学び続ける意義と習慣を身につけさせ、成長し続けることで自分の未来を切り開く事の出来る人材を育てます。」 
以前にも書きましたが、ライトの名前には「権利」という意味があります。
しかしライトには正しいと言う意味があるので、正しさを伴う、
自分の意見を発言できる(家内と違って)大人に育てたい。
そして自分の意見は主張するけれども、相手の立場に立つ事で、
「誰にも相手を傷つける権利はないんだ」というライトを教えたい。
正しさの基準も様々ですが、子供達が生涯一貫して「正しい」と思える価値観の基礎を、学んでいただく幼稚園にしたいと思います。
まずは自分を大切にすること。 同じように友達を大切にすること。

2 thoughts on “自分の未来を変えるために

  1. (^^)

    「right」には『健康な』『調子の良い』という意味もありますね。
    大人の都合で自分たちの生活の場が奪われてしまった子ども達が、
    「right」という場で、心身ともに健康でいられることを願います。
    頑張ってくださいp(^^)q

  2. 島崎です

    ザッツライト! 応援ありがとうございます。
    存続に向けて15家庭の父母の方々が活動しています。
    長女はあれだけ英語を習わせてもいっこうにしゃべれませんが、
    長男はこのプリスクールに5ヶ月通っただけで、
    かなりの会話をこなすまでになりました。
    先生の違い、教え方の違い、そして一番は
    楽しく学べる環境があったという事ですよね。
    家内が次女のためにもがんばると言っています。

コメントを残す