オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

脱落か長期化か、他院を紹介するか

昨日最後の患者さんは、生涯忘れられない患者さんになりそうです。
受付の山辺から言われたのは、
「どうしても明日、何時でも、遅くてもいいので見てくださいとお願いされました。 予定がなければ一番最後の方の次にお取りしても良いですか?」
山辺も私も情にもろいタイプなので、次の用事がなかったですし、最後の時間で承りました。
長野県からの70歳代の女性で、膝の痛みで都内の治療院に通っていて、その宿泊先のレストランで一人食事をしていた時に、隣の席に座った方から「オフィスシマザキに相談してみなさい」と言われ、その直後に電話をくださったようです。
青梅線沿線のホテルを予約して、足を引きずって来院されました。
「あ、これは大変だわ。ひどすぎる」 正直そう思いました。表情にも出てしまったかな。
「1回や2回で治りそうもないし、通いきれないでしょ~。
 回数がかかるならばそのまま都内の先生に診てもらっていても同じですよ。」
そんな事を伝えましたが、
「何とかお願いします。もうあらゆる有名なところは行って、もう行くところもないんです」
ついつい情に流されるタイプ。
「わかりました。どこまで変わるかわからないけど、自分の親だったらこうしてあげようと思う治療をしておきますね、僕の出来る事全部。」
結果は、
「こんなに楽になったのは何年ぶりです」そう喜んでもらえました。
「大変かもしれないけど、2週間おきに1年間ぐらいかよってみませんか?」
素直にそういえました。
本来は3週間4週間そして3か月やがて1年というように治療期間を開けていくのがオフィスシマザキのスタイルで、それで良くならない方は 脱落 させてしまっていました。
井上さんというイレギュラーな患者さんも、どこに行っても治らなかった70歳代の女性で、
日帰り温泉でたまたま一緒になった人から「オフィスシマザキに行ってごらんなさい」と言われた一言で、
探し当てておいでになりました。
これまた見るからに「こりゃ大変だわ」という感じの歩き方。
それでも何か違いを感じ取ったようで、「とにかく毎週来ます!」 の一点張り。
せめて2週間ごとにしてくださいとお願いして、それからイレギュラーな2週間ごと施術が始まりました。
結果、
1年ほど過ぎたこの頃は、周りの人も驚くような歩き姿になって大喜び。
「脱落させたら負け」
オフィスシマザキが看板を出さずに治療院をやっていけるのは、
本当に1回2回で良くなった方がクチコミで全国に広めてくださっているからです。
でも、その時に1~2回では治るはずのない人に伝わってしまう。
そんな風に聞いた人が1回か2回かで治ると思ってはるばる来てみたら、
何回か通わなければならないとなればガッカリしますよね。
だから、2回受けて変わらないと、脱落 していってしまう事が多いです。
それがわかっているので「私の技術がいたらないのでお役にたてません。すごい先生をご紹介します。」
と対処してきたわけですが・・・
結論!
すごい先生の所に行っても、私のところに1年2年通っても、結局最後は良くなるはずです。
どちらでも自分が行きやすい方を選んでください。
大学病院にも行って、有名な治療院も行って、もう次はない・・・・
そんな崖っぷちの方には私の出番かもしれません。
脱落させてしまう要因は、
1、クチコミからの過大評価と高すぎる期待値。
2、治りやすい人が自力で治っていると実感しやすいように設計された少ない治療回数と長いインターバル
3、私の技術が足りない
今はまだヘタクソなんだから、何度も来てもらわなければいけない。
素直にそう認めよう。
イレギュラーな患者さんたちからの気付きを、明日の実践に活かそうと模索中です。
年齢制限をかければいいだけの事なんですけどね(笑) あ、また言っちゃった(笑)
もう他に頼るところがないという人がたくさん通ってきてくださっています。
今はジャックジョンソンを聞きながら、絵本を読みつつ、らっきょとビールです。

写真 (23).JPG

4 thoughts on “脱落か長期化か、他院を紹介するか

  1. 増浦

    いーですね 人情
    やっぱり浪花節ですよね人生は
    自分の親と同じ施術をします!
    と言葉で言われた患者さんは
    幸せですね
    それだけで完治に向かって一歩前進しましたね
    私も真似ます
    営業で使います
    本心から伝えられれば
    新しい何かが生まれる
    ような気がしております

  2. 島崎です

    増浦様
    ありがとうございます。
    後日談ですが、長野の患者さん(親と同じに扱った方)から電話を頂きました。
    「私のことブログに書いたでしょ!」と言われるかと思ったら、
    「足が軽くなって、今までつらくて枕も使えなかったのが、枕を使って楽に寝られるようになった」
    と、喜んでいただけました。
    その患者さんには、体がどうなっているとか、
    首がどうなっているとか、なぜ首を治すとか、
    全く説明しなかったんですよ。
    あの一言だけです。
    でも、患者さんにも私にもなんの不安もなかったですね。
    だけど・・・・・・
    帰る時には料金をいただくので、
    親と同じじゃなかったんです(笑)
    その部分はウソになっちゃうけど、
    気持ちと技術はヘタクソながら自分の中での最善です。
    増浦さんも言葉に力があるから、今の営業成績がだせるのですね。
    身近な人の肩を揉みながら、
    人に喜んでもらえることが自分の喜びと思えるように、いつもセットアップしましょう。
    私はもうカッコイイ治療院の先生像は諦めました。
    増浦さんもカッコイイ、いかにもトップ営業マンを目指していないでしょ~(笑)
    泥臭い、不器用そうで、だけど嘘を言いそうもない、そんな生き方しかできないですよ我々は。

  3. 島崎です

    AKIさん。 目の付け所がさすが!
    本屋さんに売っているのかな~?
    明日ブログで詳細を書きますね。

コメントを残す