オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

直す(治す)の大好き

木曜日にローカルテレビの番組の撮影がありました。

マル得お買いもの情報の番組なのに、異例の治療院潜入取材(笑)

おすすめ商品は「首を整えると脳が体を治しだす」の書籍です。


レポーターのタマちゃんがものすごく姿勢が悪くて肩こりで、
そんな状況をバラエティーっぽく、しかし本気で治療してしましました。


治療前に1cm以上あった足の長さの左右差が、治療直後には

「やらせじゃないの?」 と言いたいぐらいにピッタリに。

タマちゃんもビックリ。 私も安堵感とともに技術者として感動的でした。


1時間30分撮影して、放映は3分ぐらい・・・


現在、本のオマケで配布しているDVDは6時間撮影して90分弱に編集されていますが、それ以上のカット率!!

何が残ってどこをカットされるのか、ある意味楽しみです。

 

そんな今日は、仕事に欠かせないベットが壊れました。

1月に機械部分を部品交換して、皮を張り替えたベットが動かなくなりました。

午後の診療が始まったばかりの午後2時半。
ここから5時間、このベットでの検査なしで帳尻を合わせるか?

スペアのベットを出すか? (ものすごく大変な事)

なんとかいつもの様に動かないか・・・・?

IMG_0935

 

症状から考えれば、電気の不通です。 人体で言い替えれば神経伝達障害。
骨や筋肉、または内臓の異常ではありません。

すぐに解体して4つあるリレーを検査してみると・・・
下の写真が正常な状態。 中が良く見えます。

 

IMG_0936

 

一番右のリレーは、透明のケースの右下が焦げています。

ショートしてますね。

 

IMG_0938

 

うかつにもこの部品の予備が無いので、今のこの状態で応急処置をするならば・・・・


密閉された容器内でのショートは水分やホコリではなく、電気が寄せ付ける微細なチリです。

そこを掃除すれば、はい 元通り~。。パチパチパチ~。


患者さんを5分ほどお待たせしてしましましたが、午後の治療のクオリティを下げずに済みました。


まあ、これぐらいの故障ならば直感的に原因を察知してすぐに直せるようじゃないと、
人の体なんてとても手出しは出来ません。

な~んちゃって(笑)
たまたま得意分野で、しかもうまくできたので、自慢げに書いてしましました。

たまたまご縁があって治療の仕事をしていますが、
もしも別の人生だったとしても、修理関係の仕事に就いているだろうなと思います。

コメントを残す