オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

症例検討会 ジャングルカンファレンス

 

昨日は9月の解剖実習に先立ち、解剖実習の意義と価値を説明するという内容で、
90分お話をさせていただきました。

私も高校を卒業して日本指圧専門学校に入学してから今日まで、
「治療の業界で30年も生き延びてこられたのだな~」 と改めて思い起こし、

「長く続けられたということは、これ自体に大きな価値があり、
ここに至るまでの過程で、もっとも大きく影響したのは
出会い と 学び であり、
特に解剖実習が大きく関係していました。
なぜなら・・・・・」

という内容で、参加者の先生方にも症状がある方が多くて、
後半はその方々の症状を発表してもらって討論しながら、
局所解剖学的な見識と、実際の診察に応用する方法をお見せして、

最後は皆さん 「解剖実習に行きたい!」 という気持ちになっていただけました。


その2時間後に、統合医療カンファレンス協会主催の症例検討会
ジャングルカンファレンスに参加させていただきました。


1例目 50肩
2例目 痛風発作、尿酸値の薬をやめたいけどやめられない

今日もとても大切な出会いと、
とても楽しい学びでした。

18446676_1427388517317675_8598805324977293577_n

コメントを残す