オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

治療院の本領発揮!

画像 014.jpg
写真の女性。 生まれて今日まで洋服は着ません。 和服のみ。
その和服も以前は自ら和裁して、仕立てていたそうです。 
そう、20年前までは・・・・
来院時の症状は、両手のしびれでした。
もう細かいものもつかめず、針も持てなくなってしまっていました。
洋服を着るとしたら、きっとボタンをかけることも不便な事でしょう。
これで4回目の治療を迎えてたのですが、両手の指に感覚が戻ってきました。
「20年ぶりに、指にかぶっていた帽子が取れました」そんな表現で教えてくれました。
そして、また針に糸を通して、シジミ貝をきれいな京染の紬で包んだ、
それはそれはま~ぁちっちゃくてきれいな携帯ストラップ? 
飾り物を作って来てくださいました。
今、私の携帯についてます。
ご本人の治癒力で回復したのは事実なので、本来私は感謝される立場にいない。
感謝すべきは自分の中に内在する自然治癒力であるべきだ。
でも、20年間どんな治療をしても良くならなかったのが、
私が施術した上部頸椎の治療によって3回で改善したのだから、
やっぱりこれまで受けてきた治療のように、無意味な刺激を加えたのではなく、
最も有効な手助けをしたという事になるのだと思う。
治療院の本質は技術。
技術によってもたらされる結果を最大のものにする。
この方に3回も治療を要したのは、私の技術の未熟さなのだろう。
1回で自然治癒してしまうぐらいの有効な手助けができるよう、
もっともっと上手くなりたい。 技術を向上させたい。
そんな努力をしています。
私が日々の努力を怠らない限り、オフィスシマザキが衰退することはないでしょう。
私が日々の練習を続けているから、オフィスシマザキは必ず繁栄することでしょう。
私が今日も学び成長しているから、明日も自信をもって患者さんを迎えることができるでしょう。
今はもちろん未熟です。 まだまだ難しい患者さんに手こずります。
時には投げ出したくなる患者さんもいます。
そんな患者さんに育てていただいているという感謝を忘れずに、
明日も本領発揮!していきます。

コメントを残す