オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

次の本は1年半後に書きます。

新しい本の見本が届きました。
早いですね~。 ビックリしました。
見本だろうと思って、山辺さんに 「箱から出しておいて」 と、お願いしまして、
中にあった手紙を見ると 「著者への献本分5冊」 と書いてありまして、
えっ 5冊しかもらえないの!! もうすでに1冊山辺さんに取られているんですけど~。
という状況です。

IMG_1695.JPG

「この本を読んだら、患者さん減りますよね~」 という山辺さん。
実は、患者さんが減ることを想定していて、休みを増やして、
都内に週1~2日だけの治療院を持つことにしています。
そこで 「必ず治る治療院」 を1年半だけ実践し、そこで起きた事をまとめて本にします。
(必ず治る、という文言は医師法に抵触するので、満足の行く結果を出す、と言い換えるはずですが)
実はもう原稿は書いてあって、現実にそのシナリオ通りにやって、出てきた結果を照らしあわせて、症例として書き足す感じですね。
1作目2作目までは 今までやってきた事、今現在やっている事 を本に書いたのですが、
3作目ともなると発想が変わりますね。 経験値ってすごいですね。
「必ず治る治療院の作り方」 と 「必ず治る患者になる極意」 
この2つのテーマを証明できれば、世の中への恩返しはかなり出来ると思っています。
 
というわけで、3冊目の本は1年半後に出来上がります。
冒頭の はじめに はこんな感じで始まります。
「必ず治る患者になる。 必ず治る治療院にする。」
 必ず治る治療院を作るには、必ず治る人を対象にしなければなりません。
しかし、必ず治る人というのは、病気の種類や病歴、本人の年齢で決まるのでありません。
必ず治る人とそうでない人の差こそが、これから解説する内容の〇〇と〇〇であり、
この差を埋めることが出来る治療師であれば、必ず治る治療院を作ることが出来るのです。

 
今日の午前中にも坐骨神経痛で通ってくださっていた患者さんから、
「C型肝炎でインターフェロンも効かなくて、肝硬変で毎月血液検査をしているのですが、
 今月の検査で肝機能数値が下がっているんで、お医者さんもビックリしてました。
 坐骨神経痛も治ったし、考えられるのはこの治療しかないんですけど、関係ありますか?
 先生の本にも自然治癒力が働くって書いてあったし。」
この方はたまたま今月だけ良かったのかもしれないのですから、
今後の定期検査がどう出るのか?
坐骨神経痛がなくなったからといって気を緩めずに、
引き続き注意事項を守っていただきます。
この男性の症例から、だれでも肝硬変の数値が正常化して寛解するという事ではありません。
多くの場合、ここまで改善しません。
では、この方は何が特別だったのか? その答えを1年半後に発表します。
もちろん、この方もこのまま治りきるのかは、可能性こそあるものの未知数ですし。
さあ、1年半後に本が出せるか? それとも詐欺で訴えられるか?
家内からの「40代の今じゃないとそんな勝負はできないんじゃない」
という言葉に背中を押されて、全力でチャレンジしたいと思います。

11 thoughts on “次の本は1年半後に書きます。

  1. 島崎です

    Akiさん
    ありがとうございます。
    シナリオ通りに行かないのが人生ですよね。
    でも、自分の人生って、自由なシナリオを書ける事がすばらしいことで、これから起こる未来は運命でも偶然でもなく、自分が仕向けた結果、自分が作った結果ってことですよね。
    それだからこそ自分と未来を変えられるってことですよねきっと。
    1年半後に、そんな自分になっているか、
    そんな未来に出来ているか、今から楽しみな 
    茶色プラクター じゃなくて 
    茶レンジャー です。

  2. よこぴー

    あ、それ面白いですね、さすが天才ですね。
    アスリートで、夏休みの宿題は最初に全て終わらせるという人がいました。毎日の日記も全部先に書いてしまって、その通り実行したそうです。
    ちょっと似てる気がしますが、どうでしょうか。

  3. 島崎です

    よこぴー先生
    アスリートって、すごいですよね。
    もっとスゴイのはよこぴー先生が、1年半後に出る本の内容をもう見抜いているコメントを入れてくれた事ですけど。
    僕の勝手な思い込みですが、
    アスリートって、目的や目標がはっきりしていますよね。
    これ、「やりたいことが明確」 という事象です。
    そして、いつも体と(自分と)向き合っているので、自分にできることがはっきりしていますよね。
    これ、「やれることが明確」 という事象です。
    やりたいことと、できることが明確であると、
    その両者のギャップというか、
    今の自分のできることでは、やりたいことが出来ないという、努力点が明確ですね。
    これ、「やるべきことが明確」 という事象です。
    夏休みに やるべきことを書きだしたのが、そのまま夏休みの行動計画で、
    それは 「必ずやる」 って決めていることだから、
    読み返せば、日記になる てことじゃないでしょうか。
    なぜ、「必ずやる」って決まっているかというと、
    「やりたいこと」が明確で、本気で取り組んでいるからですよね。
    今日はいいかな~ 今日は特別に休んじゃおうかな~。 明日その分やればいいかな~。
    という、妥協がないんでしょうね。
    それがアスリートと呼ばれるゆえんであって、
    すべて本人の意志と自分の責任で人生を作っているって感じがします。
    でも、その彼が、8月3日 晴れ みたいに、
    夏休み中のお天気も先に書いて、
    ほんとうにその通りのお天気だったら、
    それはまた違った次元ですけどね。

  4. 島崎です

    症例 (の練習 会社の経営部分はフィクションです)
    「経営不振で社員教育に熱心な社長さん(65歳男性)の坐骨神経痛治療」 
    半年前から右の坐骨神経痛と右足のしびれ。
    整形外科での診断 腰椎狭窄症
    手術をするほどではなく、これといった処置もなく、痛み止めと湿布薬を処方された。
    強く揉むマッサージに通う。 
    治療が痛くて数回で行かなくなった。
    本人から、「腰が悪いんんだから、足をもんでもダメでしょう~」と苦言あり。
    現在の状態
    毎日常に痛く、夜中も寝ていられない。
    常に体勢を変えながら、痛くない場所を探している。
    歩行は100mが限度。 それでも以前は5mも歩けなかった。
    (ここポイントです)
    私からの質問
    「狭窄症って、腰の何番目がどんなふうになっているのですか?」
    答えは 「それは聞いていないですね~」
    (腰が悪いって言う割には、どう悪いかを把握していないんですね)
    私が検査をすると、当然体が大きく傾いています。
    痛みが右足だけなのですから、体の曲がりが関与している事は検査前から明確です。
    その曲りは首のズレから始まります。
    「腰が悪いんじゃないんです。首が悪いんですね。首が悪くて体が曲がっているから腰を潰してしまうのです。」
    その説明には、
    「整形の先生は腰が悪いって言ってましたし、腰から出てくる神経にぶつかっているんですけど」
    と反論です。
    さて、この社長の会社が経営不振な理由ですが、
    「うちの社員はダメなんだよね~。いっつも指示待ちでさ~。 自分から動こうとしないんだよね~。 研修とかに行かせて社員教育にはお金を使って尻をひっぱたいてもらっているんだけど、全くダメなんだよね~あいつら」
    と言うような、割とよくいる中小業者の社長さんタイプです。
    そこの社員さんがかわいそう。
    「社員が悪いんじゃないですよ! 社長、あなたが悪いんですよ!」
    と言ったところで、背骨が曲がっているから腰が悪くなるという自然の理が理解できないぐらいですから、
    業績が悪いのは社員の問題で、自分が悪いわけじゃないという考え方は変わらないでしょうね。
    治療のシーンに戻りますが、
    「それでは、もう一度整形に行って、腰がどう悪いのか明確に検査をしてもらって、それから治療方針を考えましょう。」
    ということになるのですが、まあ、せっかく来たから、とりあえず受けてみたいと言う社長さん。
      この方を必ず治る患者さんに出来たら、
      会社の業績も変わるのではないでしょうか。
      都内の治療院はそこまで踏み込みます。
    現実は、試しに受けてみて、帰りは「激痛がない」と、喜んで帰りました。
    本当の根本から改善するという経験したことがないから、わからいだけなのかもしれませんね。
    それでも、
    腰が悪いんだ という先入観を捨てることと、
    違った方法や可能性 を素直に聞ける柔軟性、
    こんな事も 必ず治る患者さん には必要なのかもしれません。

  5. T.N.

    はじめまして。
    私も治療院をやっております。いつも勉強させて頂いております。
    必ず治る治療院なんて夢の話のようですが、島崎先生だったらできると思います。
    先ほどの社長さんも必ず治る患者さんに入ったのですか? 今後が楽しみです。

  6. 島崎です

    T.N先生 
    はじめまして。
    コメントありがとうございます~
    これからもよろしくお願いします。
    社長は治りきる前に途中で治療法を変えると思います。
     次回の予約は整形で検査をしてからと伝えましたが、
    まずは試しに何回か通ってみると言って聞き入れてくれませんでした。
    文中にありますが、
    「強揉みのところで痛いほど揉んでもらった。」
    「腰が神経にぶつかっているのに筋肉を揉んでも仕方がない」
    「以前は5mも歩けなかったのが100mぐらいまで歩けるようになっている」
    そんな話を聞いていると、
    「そのマッサージの先生、男性の体を痛いほど押すって、自分の商売道具の指をどれぐらい酷使して一生懸命押したんだろう?
    それで5mも歩けなかった状態から100mまで伸びたのに、意味ないみたいに言われて気の毒に」
    と思ってしまいますし、治療師をすごく低く見ている人なんだな~と、間近で感じ取れました。
    今後、激痛はとれても、まだ1km歩くと痛いとか、何かするとまだ痛いとか言いながら、
    「やっぱり首なんかじゃなくて腰を治さなければダメでしょう」と言って去っていくと思います。
    なにせ「せっかく来たからとりあえず試しに受けてみる」
    というスタンスですから。
    治療師を見下す方って、予約も平気ですっぽかすので、
    何も言わずにダマキャンで終わりになるのかもしれませんが。
    TN先生も経験あるのではないですか?
    都内に作る必ず治る治療院でしたら、今日の段階では治療をしていないです。
    もっとじっくり話し込んで、ご理解いただけるように努力します。
    そうやってこの社長にも納得していただけるかどうかが、必ず治る治療院を作れるかどうかの決定的なポイントです。

  7. ほがらか

    昨日は私の右肘に色々アドバイスして
    頂き、ありがとうございました。
    必ず治る患者になりたいと
    思っています。(^_^)
    今回の本も
    一年半後の本も購入します。
    今まで生きてきた中で、
    うわー出会えたと運命の出会いに感謝した
    方が数人ほどいたのですが、
    私の中では、島崎先生は、
    まさに、出会えました。ずっと付いていきます
    と思えた先生なのです。ご迷惑かもしれませんが、
    しつこい女なので、
    これから一生、お世話になります。(^_^)v
    でも先生があまりにも、頑張りすぎて
    お身体を壊さないようにして下さいね。

  8. 島崎です。

    ほがらかさん
     ありがとうございます。
    期待に答えられるよう頑張りますね。
    これまでも治ってきているのだから、
    たまたま使いすぎた右肘なんてわけないですよ~
    私の患者さんの中で、2人だけ、
    「引退しても僕が一生担当しますよ」
    と言っている方がいます。
    3万人の中の2名だけ。
    お二人共、頸椎を手術して金具が入っています。
    それも、5番や6番といった下部頸椎じゃなくて、
    頸椎2番にワイヤーがかかっています。
    もうお一人は脊髄空洞症で、後頭骨と、頸椎1番頸椎2番を削ってあります。
    どこの治療院に行っても
    「危ないので触れません」と断られ続けていたのですが、
    レントゲンを見せてもらって、解決策を見つけました。
    肩こり、頭痛、手のシビレ、全部治りましたよ。
    この方たちは他の先生に任せられないですね。
    ほがらかさんは、
    だれがやっても治りそうですけど(笑)
    先ほど最後の患者さんが帰りましたが、
    かなり感激していました。
    フェイスブックにタグ付けして動画を上げるって言ってましたから、
    覗いてみてください。
    彼も、誰がやっても治りそうですけどね。

  9. 島崎先生
    、新刊それから一年後の本も購入させてもらいます。
    先生の本は、わかりやすく優しく書いてくださるので、カイロに無知な私でも飽きることなく
    読むことが、できます。 
    今から とても楽しみにしております。
     
     

  10. 島崎です

    桜さん 
    ありがとうございます。
    今回の本の中で、山辺さんが一番納得していたのは、ダイエット の部分でした。

コメントを残す