オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ医科学科

早稲田大学名誉教授 御年81歳 という患者さんが来てくださった。
81歳とは思えない頭の回転で、話もおもしろい。 さすが。
その中でとっても興味深い話をしてくださった。
20年前、埼玉県所沢に、早稲田大学のニューキャンパスができた。
私もよく覚えている。 スポーツ科学部の誕生だった。
その時、ある教授がアメリカ研修中にカイロプラクティックを受けて、
とても良くなったらしく、
「ぜひ所沢のスポーツ医科学科にカイロプラクティックも」
と論議になったというのだ。
しかしその時は代替医療に対する偏見や反対も多く、実現しなかったとの事。
かなり驚きました。 もし実現してくれていたら、この20年間で、治療業界も大きく変わっていただろうと思います。
あ~第一期生で入学したかった。でも、過去と他人は変えられない。 
だからすぐに未来に焦点を当て、
「私の息子が今4歳なので、14年後には実現させてください。」
そう言う私に、「それまで生きていればね~」と答える名誉教授。
私は自分にできる事に集中し、
ゼッタイに治してみせる!と心に決めて、一生懸命治療しました。
すると帰りには、「楽になった~」とお喜びの声。
「いいでしょ~ 理論的で科学的なカイロプラクティックは。」
早稲田大学スポーツ科学部 スポーツ医科学科 カイロプラクティック専科
よろしくお願いします。
息子よ! 目指せ入学。 
   そして私は客員教授に!(笑)
まあ 息子は自分の人生を自分の選択で創りあげるでしょう。
しかし私の在り方が尊敬に値するならば、同じ道を追求してくれるのではないだろうか?と淡い期待もよせながら。
その時は治療師としての理念から学び、弱者に対する想いと、治療の方法を
シッカリ学んで欲しいと思う。
14年間、最高の環境つくりに励んでみよう。
14年後の私と息子の人生は、今からの産物です。
みなさんも人生の目的と目標を掲げ、想いを強くして行動を選択して、
夢を実現させ、「やればできる!」と笑いながら暮らしませんか?

コメントを残す