オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

手術をしてある患者さん達

頸椎ヘルニア
後縦靭帯骨化症
腰椎ヘルニア
腰椎すべり症
黄色靭帯骨化症
脊柱管狭窄症
上記のような病名で手術をされた方々は、
首や背中の真ん中、ちょうど背骨の真上に、
長さ10cm程の大きな手術痕を持っています。

IMG_5865.jpg

今日だけでもそんな手術を受けた患者さんが来ていただきました。
金具が入っている人、針金で止めてある人、骨盤の骨を移植した人、様々です。
他にも腫瘍の骨転移などもありますし。
頸椎を手術してある患者さんは、やっぱり普通以上に気を使いますが、
ほとんどの場合、手術部位は頸椎5番か、6番です。
いずれにしても手術部位は頸椎3番以下ですので、
上部頸椎と呼ばれる頸椎1番、2番を治療することは可能なのです。
私の患者さんの中に、後頭骨と第1頸椎を針金で縛ってある女性の方がいらっしゃいますが、
この患者さんだけは間違っても頸椎1番に治療をしてはいけません。
この患者さんも好調になり、今でも半年に1回ぐらい来ていただくのですが、
そのたびに笑いながら言う言葉は、
「普通(の治療院)だったら絶対に(首の治療をお願いしても)断られますよ~」
患者さんも毎回、
「ハイ。 ムリムリ、絶対に触れないっって、今まで言われ続けてきました~」
と言ってくれます。
う~ん。僕も必要とされている! と、だいぶイイ気分になって、
でもグッと集中して、頸椎2番を治療するわけです
       下の写真は自動車の大事故で損傷した患者さんの頸椎1番です。
       この方も、どこに行っても「危険だから触れない」と言われたそうです。
          

sublax.BMP

このような重大な問題を持った患者さんの頸椎を治療できるのは、あと何年でしょう。
私自身の精神的、肉体的な衰えを感じたら、もう手を出すべきではないですね。
一生現役。 
この言葉に隠された責任の重大さに押しつぶされぬよう、
今日もちょっとでもいいから前進、成長を目指します。
      
  この写真は、先日の伊豆旅行で訪問させていただいた患者さん宅にて。
  もう10年以上もお嬢さん達とご家族全員で通っていただいています。 

561395_10200917002073014_1206835606_n.jpg

        
  テーブルは古い蔵の扉だそうです。 ワインと日本酒がいっぱいありました~
  今度、暖炉のマキ運び手伝うから、2本飲ませてもらう約束もしてきました。
  
  リビングの窓から伊東の街並みが一望できるサイコーのロケーションです。

DSC_0089.JPG

2 thoughts on “手術をしてある患者さん達

  1. よこぴー

    先生のDVD、拝見し、たくさんの学びを頂きました。
    すごく感謝してます。
    手術後、思うように回復できなくてあきらめてしまう患者さんもいますが、わたしはあきらめないで患者さんの治る力を信じようと決めました。
    今のわたしにとって、むつかしい、頭を悩ます患者さんなのですが、
    今後彼女とどのような付き合いをしたいのかわたしがまず未来を描く必要があるのだと気づきました。
    わたし、情熱が足りなかった!
    言い訳しないで、全身全霊かたむけてみます。
    わたしの背中を押してくださってありがとうございました。
    でも、どうか、もう少しだけ、わたしに力を貸してください。
    と、思いながらDVD2回目見ています。
    ありがとうございます。

  2. 島崎です

    よこぴー先生
    教材を見ていただけて光栄です。
    私自身もたくさんの患者さん(患者様と言うべきかな)から、
    お叱りをいただき、力不足を痛感し、挫折を繰り返しながらやってきましたし、
    これからもそうやって成長していくのだと、
    まあ、腹をくくっています(笑)
    そしてそんな患者さんがありがたいと思っています。
    現在の実力で役にたてないとしたら、
    5年後にまた来てもらったらいいです。
    5年後にまたダメでも、そのまた5年後に。
    技術は必ず向上するので、いつか役に立てるようになりますよ。
    そう信じて、お互いにやっていきましょう。
    治らないのを患者さんのせいにしないで、
    自分の至らなさを教えてくれているという、
    よこぴー先生の考え方が大好きです。
    それは知識なのか、技術なのか、
    おっしゃるとおり情熱なのか。
    私もそのように取り組んでいきます。
    こちらこそお力とお知恵をお貸しください。

コメントを残す