オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

応援団

私にはたくさんの応援団がいてくれることに本当に感謝しています。
(^^)さんにはいつもコメントをいただいて盛り上げていただいているし、
HAPPYさんからは擁護していただいて、今年の夏もハワイアンでいくし。
電話で「らしくない」と言ってくれたアチーブメントの山本麻由さん
www.svp.ne.jp/svp%5Fcard/achievement/yamamoto/
も、本当に求めているものは何かを気遣ってアドバイスしてくれる。
ありがたい。
昨日は治療業界を人材教育から底支えするウイルワンという会社の社長と、
www.willone.jp
敗者なき双方勝利(総合勝利)を、全ての人間関係で成し遂げる
為の研修事業を行う篠田先生、
ブログがコチラ⇒ http://ameblo.jp/teambuilding-grlp/
訪問治療事業の丸山社長と、体幹チューニングの川尻先生、
そして心療内科医の井出先生とのミーティングが持てた。
「治療業界はお医者様のお膝元で、医療類似行為と呼ばれながら、
絶対的権威の批判にもさらされ、戦々恐々としている。」
丸山社長からこんな話が出たとき、井出先生から、
「同じ症状の患者さんを前にした時、医者は手術以外は何も手が出せない。
 
あなた達はそこに手を差し伸べて結果を出している。
整形の医師から見ればあなた達は恐怖なんだ。
だから批判の的にしているんだ。」
という言葉をいただいた。
「権威とか学位とか、そんなものは一人の患者さんに必要ないんだ。
一番リアルな評価は、今、目の前にいる患者さんが喜んでいることでしょ。
実際、患者さんが大勢来て、喜んでくれています。
そう言っていればいいんですよ。
同じ土俵じゃなく、ストリートファイトだったら負けないでしょ。
ねぇ 島崎先生」
そんな言葉をいただいた。
これだけ皆に応援していただいているからには、
私が常に患者さんの応援団でいなければならないと、
決意を新たにした。
「本気でやったら結果は違う! 
 本気でやったら何でも楽しい!
 本気の人は応援される!
 本気の人生、今が最高~!」
そんな掛け声で盛り上がった。
今日から皆さんの応援団として、本気で係わっていきます。

コメントを残す