オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

年だから痛い? 絶体ウソです。

DSC_2376.JPGDSC_2378.JPG
「写真をクリックして↑ください。大きくなります。↑ 」
老人が抱える膝の痛みは深刻です。
痛みが故に、動かなくなる。動かないから筋肉が低下する。
筋肉の低下で支えが減るので痛みが増える。 その悪循環。
池田さんは81歳。教員を定年後、御出家なさったお坊さん。
膝と腰の痛みで毎朝・夕のおつとめが困難になり来院され、
激変 しました。
「神様のようです。」「神業ですね。」
お坊さんの口からそう言われると、なんだか本心みたいでとてもうれしい。
そこで写真を一枚。 カシャっ!
今日、池田さんから感謝状をいただきました。
私に勇気を与え、自信を持たせてくれるお手紙と池田さんの存在に感謝します。
以下、原文のまま。
前略
 私が初めて島崎先生の治療をお受けした時、何十年も前から痛めていた膝が悪化し、本当にびっこを曳きながらお邪魔しましたが、
それが何と、治療後は何でもなかったの如く、普通に歩いて帰れました。
 そして治療3回目の今日は、私の不注意から、これも古傷であった腰を痛め、屈むこともできない状態で通院しました。
ところが、治療後はなんと起き上がることも歩くことも何の支障もなく、
普通の状態で帰ることができたのです。
 この2回のことを通して、私には、先生が魔法でも使ってのではないかとしか思えませんでした。
これは何よりも、先生の治療技術の高さにより、私の自己治癒能力を、
見事に誘発してくださった以外の何物でもないものと、
私は固く強く信じておりますが、このことが嘘でも誇張でもないことは、
愚妻の
「2回共、出かける時と帰って来た時とでは、まるで別人としか思えなかった。」
と言う一言が、何より偽りのない真実であることを明確に表現してくれて居る、と思います。
今、私の心の中には、先生への感謝の気持ちでいっぱいで、先生に巡り会いご縁をいただけた幸運を痛感するまま、何とも居たたまれず、ついついペンを執ってしまいました。
先生、本当にありがとうございました。 草々頓首。
平成21年 8月10日   池田昌四郎 九拝
オフィスシマザキ 院長 島崎広彦 先生。
 ←ここまで。
ありがとうございました。
「人は必ず良くなれる。」
「年なんて関係ない。」
「目の前の患者さんにベストを尽くす。」
またあらたな決意と使命感を持ちました。

3 thoughts on “年だから痛い? 絶体ウソです。

  1. アリコジャパン田中伸秀

    島崎先生。
    7月7日の講演以来ですが、今回の話は、深いですねえ。。。
    諦めなければ道は開く!って感じがして、まさに学びの真骨頂ですよね。
    今週の15日、JPSA西東京支部定例会に参加しますので、よろしくお願い致します。

  2. 島崎広彦

    田中さん ありがとうございます。
    明日ヨロシクお願いします。
    この後、落ちがありまして、
    池田さんは自分でも努力しようと、壮快という
    健康雑誌を買い、「うつ伏せで寝ると腰に良い」
    という記事を鵜呑みにして実行し、今日は首と腰を痛めて再来院され、また楽になって帰りました。
    注意事項にも入れていますが、やっぱり うつ伏せ は良くないみたいですね。

  3. 田中 伸秀

    なるほど・・・。
    治療でも成功でも真の成功者に従わなければ!
    と気付かせて頂ける話ですね。
    私も一度、島崎先生に身体を診て貰いたくなりました。
    あ、こちらこそ明日(今日?)よろしくお願い致します。

コメントを残す