オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

山はナメて登ったほうがおもしろい!

体幹トレーニング に行ってきました。
私が高校生の頃は、周りにまともな大人がいなかったのかな~?
「山登りなんてものはな~、ナメてかかった方がおもしれ~んだよ!」
酔っ払った旅人のそんな言葉を真に受けて、高校2年の夏に、
北海道知床の羅臼岳に早朝1人で登って怒られた話を以前書きましたが、
(2013年6月23日 思い出話ですが)
それ以来反省して実際の山は登っていません。
でも、今もそんな考え方が心のどこかに残っているのだと実感しました。
ターザンという雑誌に特集されるほどのアスリート二人と改めて並んでみて、
自分の体の貧弱さに戸惑いを隠せない私。

IMG_1454.JPG

こんな感じだったよね~。
たった1枚の写真で、
「あによ! こんな簡単なこと」 と、ナメてかかってしまった事を後悔しつつ、
一応、事前練習で確認。

IMG_1452.JPG

そしてこの後、汗だくで足をプルプルさせながら、必死についていこうとするけど、
体を支えきれず床に膝をついたりコテンッと転がってしまうという失態を繰り返しました。
ナメてかかったしっぺ返しは、きつかった~。
それにしても、この運動は患者さんの改善を促進するにも、
治療効果を持続させる事にも、どちらにもとっても効果的だと認識出来ました。
(もちろん、メニューを私にもできるぐらい軽めにしてですよ。
 ホンキでそう思ったので体感(体幹)出来ましたとは書かなかったぐらいです。)
これまでもスポーツジムなどでパンプやパワーヨガ、ストレッチ、
ストレッチポールなどなどいろいろやって来ましたが、
昨日の運動は体の芯を出すという意味でとても素晴らしい内容でした。
うちの治療と組み合わせたら最強かも。
患者さんに提供できるようにトレーニングスタジオを作れないか、
昨日から吉原社長と作戦会議に入りました。
ご期待ください。

2 thoughts on “山はナメて登ったほうがおもしろい!

  1. 森俊樹

    島崎先生
    先日 2回目の施術 ありがとうございました。あれから肩口と肩甲骨に強い痛みが出てます。睡眠時間が増えて深い眠りになりました。春眠暁を覚えず…
    未だ好転反応との闘いに明け暮れる時に体幹トレーニングなど遠い未来に思いますが、患者様向けのトレーニングが出来ましたら私もチャレンジしたいと思います。

  2. 島崎です

    森様
     森様のような方に受けてもらうためのトレーニングです。
    ちゃんとそのようにプログラムしていきますので。
    じっとして変化を待つとか、姿勢を良くするために固まるのではなく、
    しっかり動かして変化をスムーズにリードしてきます。
    森様も腹筋や背筋・スクワットなど、少しづつ始めていいのかもしれません。
    肩口と肩甲骨の痛みが出て、腰や膝が平気ならば、もう一巡変化して収まるのだと思います。
    それよりも、痛みを気にすればするほど過敏症になることがあるので、前回検査したとおり痛くても悪いわけではないので、痛みは気にせず動かしていてください。

コメントを残す