オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

学童期脊柱菅狭窄症 長期プランで治してみようかと

治療前

 

治療後

 

MRI画像からも読み取れる側弯症です。

 

 

元従業員のお孫さんが側弯症という相談だったので、
「治してあげるよ。すぐに連れておいでよ。早ければ早いほどいいよ。」  

一般の患者さんには絶対言えない言葉ですが、知り合いなので。

現在9歳。 ここから身長が伸びるにしたがって、背骨の曲がりが増えていきます。

今日から高校3年生まで(女子の身長は17歳~18歳で成長が止まることが多いので)、
毎月治療をします。

その変化様子は写真に収めて、ご紹介できればと思っております。

思春期突発性側弯症の患者さんはこれまでも大勢来てくださいました。

良い効果も出ていたのですが、側弯症専門で本気で治療をしている先生がいると聞いて、
面識はないのですが、以降そちらをご紹介するようになりました。

横浜 ボーンズアンドビヨンド 様
sokuwanshou.com/

世界最高峰かつ最新の学びをなさっている先生ですが、
根底にはカイロプラクティックの考え方や技術が応用されているので、
憧れと、ジェラシーと、劣等感と、、、、複雑な感情を与えてくれる先生です。

でも、脊柱管狭窄症は本当に重たい悩みなので、
患者さんの利益を考えれば、ご紹介するのが一番良い選択だと思っております。

もちろん、ぎっくり腰と頸椎の重症問題は私が全て治療しますが。

コメントを残す