オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

失言が、止まらない。

これを言うとその患者さんは二度と来なくなってしまうセリフって、
僕はたくさん持っています。 今日も使ってしまったし。
初回の時の問診で、
「いろいろ行ったけど、どこに行っても治らないんです。」 という患者さん。
やはり2割ぐらいの方は治りません。
前回そう言っていたSさんも、2週間たって本日2回目のご来院です。
「どうでしたか?」 と聞くと、
「変わりません」 と返事が来ました。
そうですか~。それはすいませんでした。見なおしてみますね。
そう言うと、「激痛は少なくなりましたけど」と追加されました。
「なるほど~。 Sさん。今までどこに行っても治らなかったのは、
 捉え方の問題だと思いますよ」
「えっ? 捉え方ですか?」
「この話をするとその患者さんは2度と来なくなってしまうのですが、
 今までの治療院でも、変わらない、治らないって言ってきませんでした?
 例えば10ある症状の8がなくなっても、治らないという人もいるし、
 10のうちの2でも良くなると、前より良いみたいですという人もいる。
 もちろん10のうち2が残っているのだから治っていないのは事実ですが、
 あと2割まで来ているのに治療方針をガラッと変えるかもしれないですよ。
 Sさんぐらいの症状が治らないはずがない。
 少しづつ変化していくのを、良いところを見ないで悪いところばかりを見ているから
 最後まで続かないんじゃないですか?」
あ~ 言ってしまった~。
もちろん、相手の立場からすれば、
高い治療費を払って、自分の望むだけの効果がないならイラつくでしょうし、
思ったよりも回数がかかったりで、治療に対する不信感もあるでしょう。
だまされていると思ったり、詐取されていると思ったりするでしょう。
そして、結局痛みは他人にはわからないって言われます。
この患者さんは姿勢も変化していて、足の長さもピッタリ揃っていました。
だから激痛が減っているわけです。
これだけ条件を良くしてあるので、このままだんだん自然治癒するでしょう。
でも、もう二度と来なくなるセリフを言ってしまったのだから、次はありません。
そこで治療業界への不信感を払拭してもらうために、差し戻しです。
「この程度の症状だったら必ず治りますよ。
 以前に行っていた治療院の先生にもう一度見てもらってください。
 今度は良くなったところをちゃんと伝えて、お互いに状況を把握して、
 自分でもしっかり注意事項を守って取り組みさえすれば、
 その先生も最善を尽くして実力以上の力を発揮してくれますよ。
 心配ないです。」
そう言って私の役目は終えました。
患者さんがいなければ、お金をいただくことはできない。
患者さんがいなければ、自分の技術を磨くことができない。
それは事実です。 ですから感謝するのは治療院の先生の方です。
ですが、
治療院の先生は、お金儲けのために仕事をしていません。
治療院の先生は、自分の技術を試すために仕事をしていません。
患者さんに喜ばれるために、自分の持てる技術のすべてを活用する。
みんなそんな人達なんです。
そんな治療院を代表しての失言でした。
「さっきは言いすぎてしまってすいませんでした」
私もいつかこれが言えるようになりたいものです。

4 thoughts on “失言が、止まらない。

  1. よこぴー

      
    確かにそうですよね~
    具体的でわかりやすくて勉強になりました!
    ところで、この「失言が、止まらない」
    ってタイトル、何でしたっけ?
    何か、たぶん、思い出せそうな感じだけど、
    どこかにひっかかったままで手が届かない感じ。

  2. 島崎です。

    ロマンチックが止まらない
    C.C.B。ですね。ココナッツボーイズの頭文字。
    高校時代にバンドを作ろうか~って、必ず1回は言いませんでした?
    バンド名を先に考えたりして。
    僕たちはCCP
    ココナッツ・ピーナッツ でしたけど。
    具体的でわかりやすいって、
    現実に現場で言ったことのそのままですから(笑)
    もったいないですよね。
    考え方ひとつだもん。
    うちの患者さんが一人減ることよりも、
    大切に思っている事なんです。
    時間がないし、やんわりとオブラートに包んでやさしく語りかけるというスキルがないのでズバリ言ってしまうからきらわれますけどね。
    本人も気づいた感じでしたよ。
    最近つくづく思うんです。
    治療院って、痛いところを改善するところじゃなくて、
    人生に起こる様々な問題を解決するスキル、
    思考と取り組み、モチベーション管理などを、
    今、体に起きている痛みを使って習得する場所だって。
    患者さんのシビレをとるところじゃない、
    患者さんをシビレさせるところだって。

  3. 患者のひとりです

    先生今晩は。梅雨時で、湿気や突然の大雨が困りますね。
    傷めた場所や、肩や頭が痛む季節でもあります。
    そんな時は先生の治療を受けに行けるのが救いです。
    ここ数年は何週間かおきに行けば良くなりました。先生のお力です、正直に、実は家族の支えも。
    お尋ねいたしたいことがあります。ブログを拝見していましたら、診療は65歳までにするとありました。私ももうすぐなんですが、診てもらえなくなるのでしょうか。私は、頸椎や神経や血管の疾患は、今のところ、幸いありません。
    もしそのようでしたら一度ご相談したいので。
    失礼ながら、とてもお忙しそうで。
    でも先生のような、治療して下さる方は、いつも、患者の方々とうまく行ったり、時には話し合いが必要だったりしながら、日々を送っていらっしゃるのでしょ。
    そういう経験が沢山おありだから、患者としては、安心してお任せ出来るのです。
    先生のブログでは、先生は、患者の方々とのやりとりで、事を良い方向へ運ぼうとして下さらなかったり、患者の方々の立場に立って下さらなかったり、それでお互いに良い関係を築けなかった時に、御自身は悪くないと宣伝なさったりしてるようにお見受けします。例えば、なんども御自身でおっしゃっているのが、「プライドが高い」「良くなっているかはっきりわからない、と言われると気を悪くする」「温かい書き込みが嬉しい」などを拝見しますと。患者の方々に、特殊な治療だと理解を得ようとか、それで賛同して先生に任せようと決めさせようとか、治療すると決めたら、途中でうやむやにせず続けてさせようとか、そういうお考えが見受けられません。
    先生は、勿論、もう長いことこの、先生にしか出来ない治療をし続けていらっしゃいますから、私のようなものが申し上げるのは大変失礼な事ですが、患者のひとりとして気持ちをお伝え出来ればと思います。

  4. 島崎です

    患者のひとり様
    度々貴重なご意見ありがとうございます。
    ご期待に添える治療院になるように、努力してまいります。
    温かい目で見守っていてください。
    患者さんによっては、私が手出しをするよりも、他院の凄腕の先生をご紹介したほうが良いと思っています。
    というのも、患者の一人様は改善してくれたので良かったのですが、
    優しく接して長く通ってもらって、それで治らなかった時の責任の取り方が自分でも見つけれれていません。
    65歳の制限については、個人差もございますでしょうから次回ご来院の際にご相談ください。

コメントを残す