オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

失敗と後悔

200px-Thomas_Edison.jpgこのブログにコメントしてくださる(^^)さんの公開日記に、
「過去に失敗はたくさんあるけれども、後悔はない。」
というお話があり、たくさんのコメントが集まっていた。
「失敗したと思っている事が後悔なんだよ。」と言う人。
「たった一度の強烈な後悔を二度と繰り返さないように、日々注意してとりくんでいる。」
と言う人。
先日のブログにコメントをいただいた川島大和先生は、
「失敗を恐れて何もしなかった事を後悔したくない」
と、勇気ある決断をシェアしてくださいました。
私は「過去を変えることが出来ない」という事を、
ちゃんと理解している。
しかしこの言葉の意味を理解しても、自分に当てはめられない人もいる。
その違いは、過去の失敗を思い出して、悩み続けてしまうかどうかだ。
エジソン博士は電球を発明するのに1万回の試作試験をした。
きっと彼には後悔している暇もなかっただろう。
まして1万回失敗したとも思っていない。
「後悔も失敗もない。明日の成功のための材料が集まっている。
事実は一つ、解釈はプラスもマイナスも無数にできる。」
どんな失敗からも学んで、次に活かせばいい。 
過去の事実は変えられないから、解釈をプラスに変えるのだ。
しかし、
明日の成功を求めない、信じない、再チャレンジしないのであれば、
無用な失敗、無駄な経験になり、自信を無くし勇気を無くし、
悔やんで悔やんで生きるのだろう。
皆さんと悔いのない人生を送りたいと思います。

お勧めの関連記事です。

2 thoughts on “失敗と後悔

  1. (^^)

    こんばんは。
    まず、私の日記を丁寧に読んでいただいたことを
    感謝申し上げます。
    まだ、議論は続いておりますが
    島崎先生のコメントによって
    自分自身の行動の裏側にある思考が
    はっきりした感があります。
    やはり私には、後悔はありません。
    そして、過去も愛おしい宝物です。
    再認識させていただき、ありがとうございました。

  2. 島崎です

    え”~ まだ続いているのですか~!!
    後悔の公開日記、また見に行きますね(笑)
    講演会で話しましたけど、
    もし私の母が心臓疾患で他界したら、
    僕もしばらく後悔するでしょうね。
    悔やんでも悔やみきれない。
    でも、間違いなく心臓疾患か、
    心臓からくる肺水腫 そして肺炎 で終わるはず。
    だから今は「あの時こうしておけばよかった」
    と思わないように、同居して、声をかけて、
    食事に行って、温泉に行って、昨日も盆踊りに
    行って。
    きっとあきさんも私も、何度も後悔をしながら、
    反省して改善して、
    「後悔しないためには、どんな生き方がいいか?」
    を身に付けたのでしょうね。
    そんな生き方に気づかせてくれた過去の失敗は、
    たしかに愛おしい宝物ですね。

コメントを残す