オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

外国人の患者さん

オフィスシマザキでは、外国人の患者さんがすごく多いです。
全く言葉のわからない、たとえば南米のスペイン語ポルトガル語の人とか、
ジェスチャーと勢いとノリで話すしかない!みたいな感じになります(苦笑)
健康保険に入っていない??のか、入れないのか知りませんが、
保険がきかないのなら、どこに行っても同じ。
医療を実費で受けるとすごく高額になるので、
結局クチコミで広まっていったようです。
なぜか?
言葉は通じなくても効果が出るからです。
違うかな? ノリがいいからかな?

2 thoughts on “外国人の患者さん

  1. (^^)

    こんにちは。
    全く言葉の通じない方々と、
    ジェスチャーと勢いとノリで話している島崎先生のお姿を
    想像してしまいました(笑)
    言葉は通じなくても
    痛みを治す業は、万国共通なのですね。

  2. シマザキです

    おかしいでしょ。
    以前は人からどう見られているか?
    どう思われているか? を気にしていましたが、
    最近は喜んでもらえればそれでいいって思います。
    先日ゴルフで一緒になった歯科医の先生から聞いたのですが、
    大阪のある歯科医師が、子供の歯を削る時に、
    ドラえもんの着ぐるみに着替えるそうです。
    ほとんどの方の意見は
    「そんな事までできね~な」という感じでしたが、
    「ありだな~」って思いました。

コメントを残す