オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

合格ラインは80点

今朝は友人からの電話で始まりました。
「この頃ちょっと多めに走っているんだけど、 右足のカカトの後ろ側、
 アキレス腱の脇あたりが、動かすときに ピキンッ って痛いんだけど、
 これってどうなちゃっているんだろう?」
そんな質問だったので、
「最近流行りの 足底筋膜炎 みたいな痛み方だよ。
 場所はヒラメ筋・腓腹筋の延長だから、しっかりふくらはぎをもんだほうが良いよ~。
 痛み方は炎症があるみたいだから、ムリかけたらダメだね~
 それと足の長さが左右違うはずだから、1回治しに来れば?」
と答えると、
「俺さ~。 2週間後にフルマラソン何だけど、ムリかな~?」 と不安そうなので、
「大丈夫だよ。 30kmぐらい走れるんじゃないの~。」 と元気づけました。
先日のみのきちさんからのコメントで、30kmを過ぎたぐらいが辛いと知っていたので、
かなり的確なアドバイスなのです。
「いやいや、青梅マラソンじゃないから42.195kmなんだけど」 
「何言ってんのよ~。 42kmの80%は33kmぐらいだよ。
 人生なんて80%良ければOK。合格点は80点って、いつも自分で言っていたじゃない。」
と、からかっていました。
今回も目標設定の話ですが、
明確なゴールをしっかり設定すること。 
マラソンの場合は42.195kmですね。
ほどほど、そこそこで満足しないこと。 100%やり切ると決意すること。
もちろん、マラソンをする人はこのあたりがしっかり出来ていて、
だからこそ辛くても頑張れるし、ゴールした時の達成感もすごいのだと思います。
「途中棄権するんだったら、出場辞退した方がいい」 友人はそう言っていました。
でも、今ある状態でスタートラインに立つことも大切かも。
これもまた何かが変わるチャンスなのかもしれないです。
途中棄権や自己ベストを下回ると、イヤなイメージが残るのかもしれませんが、
スタートしなければ何も始まらないし、何も変わらないのですから。
出来かどうかを考えるのではなく、ヤルと決めて取り組む。
それが80点の結果だとしても、また次があるさ。

7 thoughts on “合格ラインは80点

  1. みのきち

    先生、今日の講演会、楽しかったし、自分にとっても色々勉強になりました。
    生しらす、食べられなくて残念でしたが、本当にありがとうございました。
    同業者の方々も、患者さんの気持ちを感じる事は難しいですし、逆に、こちらが患者さんの気持ちをあげてあげる事も難しいですね。
    姿勢次第で、気持ちは変わる!!、と、私も思います。
    でも、私は相変わらず朝の通勤電車で、頭をガクガクして寝ていますので、変われない自分も居ます。まだまだだな~ 笑。
    また今後も色々教えて下さい、お願いしま~す。
    追伸: よこぴーさん、今日はお会いできて嬉しかったです(^ ^)ありがとうございました。
    今後も頑張って下さい!!応援してま~すp(^_^)qまたお会いできる日を楽しみにしています。

  2. よこぴー

    講演会、お疲れさまでした!
    面白くて分かりやすくてためになって、みなさん、大喜びでしたね!
    わたしも1日20回以上、いち、に、さんと言いながら美しい立ち姿を目指します。
    みのきちさ~ん!爽やかで可愛らしくて聞き上手、お会い出来て最高でした!
    先生方も素晴らしい方ばかりで非常に勉強になりました。
    あとシラスご飯、ありがとうございました。
    感謝でいっぱいです!

  3. 島崎です

    よこぴーさん みのきちさん
    昨日は遠くからお仕事を休んでまでご参加いただいてありがとうございました。
    昨日の講演会のメインは、
    川崎から来ていただいた患者さんの体験談ですね。
    80歳であれだけ元気に話してくださると、
    僕が何を言うよりも説得力がありますし、
    何よりも目標になるし励みになりますね。
    皆さんに助けられて、楽しい一時が過ごせましたこと、感謝いたします。
    カルチャーセンターの講演会にご参加いただく方って、すごく前向きで話しやすいですね。
    アンケートは見せて頂いていないですけど、
    「さすが天才!」 は何人ぐらい書いてくださいましたでしょうかね(笑)

  4. 島崎です

    まゆぽんさん 
    それ、北海道にたくさん栽培されていました。
    先程はご来院ありがとうございました。
    このままお忙しい年末年始を乗りきってください。
    妹さんにくれぐれもお礼を伝えてください。
    次回はさすが天才の哲学的な話を聞きに来てください。

コメントを残す