オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

凝り固まった頭

好き とか 嫌い とか、 良いとか悪いとか、
人が情報を判断する基準が価値観だ。
「イヤダな~」って思ったことを、「そういうのもアリかもっ」と
思えるためには、判断基準の価値観が変化しなければならない。
学歴とは、最後に出た学校を言うのではなく、社会に出てからもどれだけ、
新たな価値観に触れて学んだかと考えれば、
出会い×行動量×時間=学習暦 ということになる。
私は41歳。 同じ41歳でも柔軟な思考で、新たなものにチャレンジして、
そして多くを取り入れて価値観をより良く変化させている人に脱帽する。
当然、自分より年上の人や、もっともっと年下の人からも刺激をうける。 
昨日のNHK総合夜10時から、楽天野村監督の特集をしていた。
山崎選手が野村監督との出会いによって、野球感が変わり、成績も変わった。
言い古された言葉だが、
考え方が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、結果が変わる。
結果が変われば、人間性が変わる。(自信がつく・前向きになる)
人間性が変われば、運命が変わる。
衣食住は健康的な人間生活には欠かせない3要素だ。
私はここに、出会いと気づきの実学を入れ、これからの人生をより良くしましょうと患者さんに言っている。
腰の痛い人、ひざの痛い人から見れば、首を治すこと自体がこれまでの価値観の枠の外だろう。
でも、わかってもらえるように検査結果をお見せしながらキチンと説明し、
結果も出して、自信をつけてもらっている。
そこで第2メッセージを送るのだ。
「すべては考え方ですよ。ちょっと視点を変えて治療法を変えたらこの結果です。
だから前向きに考えてちょっと努力すれば、もっともっと痛みがとれて楽になりますよ。」
年だからとか、変形しているからとか関係ないんだ。
自律神経失調症やうつも考え方で変わっていくのだ。
新しい価値観を押し付けられると、人は自分の価値観を否定されたようでかたくなになるものだ。
しかし多くの人は話に耳を貸さないが事実には眼を向ける。
首を治して体の痛みが変わった事を実感してもらったところから、
自律神経失調症の治療が始まっている。
「これイイかもっ」と思ってもらうことがすべてのスタートだ。

コメントを残す