オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

優先順位と続ける方法

何かをしている時は、(他の)何かをしていない時。
日常生活の中には、目につく仕事、やるべき事、突発性のある問題(子供とか)
山積みになって後回しになっている事など、毎日いろいろありすぎて、
特に女性は
「目の前に火にかけて焦げ付く寸前の10個のフライパンがあるようだ」 
という表現もされるぐらい忙しいです。
そんな状況ですから、健康の維持管理や病気の予防は、
大切な事だとわかっていても、つい後回しになってしまいがちです。
「何かをしている時は、何かをしていない時」なので、
忙しく毎日を送っている最中に、健康管理できていない場合が多いですね。
これ解消するポイントは、優先順位を明確に決める事です。 明確に!ですよ。
コツは、自分でなくても出来る事は、他人に任せること。
でも、自己犠牲という行き方も美しいですから、
自分にとって大切な事が後回しになる事もありますね。
しかし、自分が健康を壊して動けなくなったのでは何も出来ませんからどうぞご注意を。
私の知っている人でも、お腹の調子が悪いにもかかわらず、お母様のお世話をしていて、
介護が終わってから病院に行ったら、大腸がんの末期で、それから3ヶ月足らずで亡くなりました。
フェースブックの画面を見られる方は、この動画をご覧になってください。

優先順位を明確につける方法と、将来のためにやるべき事をやり続ける方法なども
講演会でお話しようかと思っています。

4 thoughts on “優先順位と続ける方法

  1. よこぴー

    「何かをしているときは、他の何かをしていない時」
    妙にいい感じの言葉ですね。
    笑っているときは、怒っていない時とか?
    最近の私は、嬉しい事と厳しい現実に一喜一憂しちゃうことが多かったけど、
    辛くなったらスキップして乗り切ろうと思います。
    だって、スキップしているときは、落ち込んでいられない時、ですよね?
    それから優先順位を明確に決める方法、すご~く楽しみです!

  2. 島崎です

    よこぴーさん
    その表現のほうがわかりやすいですね。
    鼻歌を歌いながらスキップも有効ですね。
     雨雨降れ降れ母さんが~、
     ジャノメでお迎え嬉しいな~
     ピンチピンチ=チャンスチャンス ランランランッ

  3. aki

    タイムリーな話題でした。
    2週間前に体調を崩して、忙しさと自己犠牲精神で病院に行かずにいたら
    3年前に患った咳喘息になってしまいました。
    健康を失ったら
    10個の鍋はすべて焦げ付いてしまいますものね。
    (この表現なんか懐かしいです。)
    幸い、2つくらいの鍋なら、最近料理に目覚めた娘がかき混ぜてくれそうなのが救いです。
    >コツは、自分でなくても出来る事は、他人に任せること。
    これを読んで真っ先に思いついたのは
    「健康管理は島崎先生にお任せしよう」ということです(^0^)/
    最近、背中も反ってきて、姿勢も悪くなりつつあると実感しているのですが
    なかなか伺えそうにありません。
    4万部を超えた御本を頼りに、健康管理に努めます。

  4. 島崎です

    AKIさん
    経営しながら家庭と子育て大変ですね。
    なっちゃんがやさしい子供に育ったのだから、
    やっぱりこれまでの行動が良かったって事ですね。
    健康管理ぐらは役に立てそうですから、
    困ったときはいつでもご相談ください。

コメントを残す