オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

側弯症の変化 中学生女子

側彎症の変化 中学生女子 今年3月23日のレントゲン。
曲がりの角度が32度を超えたのでコルセット着用になりました。 

そこからオフィス・シマザキでも本格的なカイロプラクティック治療を開始し、

一昨日の8月29日、約半年後の検査ですが、身長がだいぶ伸びた割に、曲がりが減少しました。

 

もちろん、コルセットの効果や普段の姿勢の注意や、様々な要素があるのですが、

暑いし、苦しいのでコルセットは外してしまうことも多かった中、

きっとカイロプラクティック治療の効果なのではないかと思いますし、

親御さんもご本人も 「おかげさまで」 と喜んでくださって、早速結果をメールしてくださいました。

必ずこうなるとかお約束も出来ないのですが、効果の出るケースが多いので、

成長期の側弯症に悩むお子様とその親御さんに、カイロプラクティックによって改善の可能性がある事だけお伝えしたいと思います。

側弯症は身長が伸びるときに悪化します。 悪化を止めることだけでも意味がある事です。

ぜひ、身長が伸びている最中に、カイロプラクティックにご相談ください。

 

21230779_1357978137584143_5952284624956237008_n 21192022_1357978140917476_2411418136299302381_n

コメントを残す