オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

信じる心

H君は娘と同じ保育園に、卒園の8ヶ月前に入園した元気な男の子。
「H君はすぐにチューしたがるし、叩くからイヤだ」
転入後すぐに娘から聞いた話だ。
両親が離婚して、H君を引き取った父親か母親かは突然いなくなったらしく、
おばあちゃんと親戚の家をたらいまわしにされて、
現在は、おばあちゃん宅から登園しているという話を聞いた。
親が居なくなったのは、亡くなったとか蒸発したとか・・・・
私は週に一回、朝の30分を保育園に立ち寄って、
娘の同期の子供たちと遊んで過ごしています。
そこの半数の子供は娘と同じ小学校に行く。 
青梅の田舎なので、小学校は各学年1クラス。 
いじめが起きても6年間クラス替えができない。 
うちの子に限らず、どこのお子さんも、いじめる側にもいじめられる側にもならないように、今から人間関係を作っておくための、事前対応です。
大勢の子供たちにカンチョーされ、ぶら下がられ、くすぐられ、
初めのころは、娘が一番ベッタリで、ほかのお子さんと遊ぶとやきもちを焼いていたが、だんだんに、「パパは人気者だね~」
と言って、そんな父親を誇りに思っている様子。
もちろんH君も凶暴なほどの乱暴を私に振るってくる。
それでも目標から逆算した仕事前の至福の時間である。
先日は卒園式があり、夫婦で参加させていただいた。
保育士さんたちの手作りの演出に感謝と涙があふれてくる。
半数ぐらいの家庭が両親そろっての参加だったように思う。
H君はおばあちゃんが参加。
卒園児たちの入場の際、ちびっ子達は両親や母親に見守られる中、
緊張した様子で黙々と歩いてくる。
H君だけは手を振って歩いてきた。ニコニコしながら。
式典の最中は、一人だけしゃべって先生に叱られ、
たまに振り返っては満面の笑みで手を振る。
その手を振る先は、常に私だった。
その時に決意をした。 H君の小学校の入学式にも行ってあげよう。
どこのパパよりも笑顔で、H君の入場を迎えてあげよう。
人は愛に飢えて問題行動を起こすらしい。
暴走族も薬物乱用も、いじめも、リストカットも、引きこもりも、すべては愛されたい欲求がみたされずに、不幸だからやってしまう。
自分なんて生きている価値も無い・・・って。
いじめという現象は、その下で、他人の目には見えない愛に満たされない不幸からおきている。
「いじめをしてはいけません」 現象を注意しても直らない。
「あなたはすばらしい人だよ」「あなたに価値があるよ」
「あなたには無限の可能性があるんだよ」
「あなたを愛しているし、信じているよ」
そんな関わり合いが、否定的な自己から肯定的な人生へと切り替える。
 その言葉をかけてくれるのは、別に大勢でなくてもよい。
たった一人でも、本気でそう信じて、本気でかかわってくれる大人がいるだけでいいんだ。
 愛を与えない血のつながった親よりも、
本気で思ってくれるたった一人の大人の存在。
口先だけでなく、信じる思いは行動によってのみ相手の心に伝わり、
人から信頼された心が、本人の行動を”善”に方向修正させる。
信じる心。
本気で相手の可能性を信じられる人間。
20年前、国家資格をもらったときに、自分がそんな人間を目指すとは考えもしなかった。
 
そんな自分が今、他人の可能性を信じられるようになってきた。
娘が6歳になった成長を喜んでいながら、
自分も成長してきたんだと思った出来事でした。
これからも学び続けます。
自分の可能性を信じます。
みなさんの健康回復の可能性も信じます。

2 thoughts on “信じる心

  1. aki

    こんにちは。
    娘さん、卒園おめでとうございます。
    素敵なお話に思わずコメントつけたくなりました。
    笑顔がほころんだH君の心に、今後もっともっとたくさんの人の愛が入り込んで、
    彼が人を信じる事の喜びを持ち続けられるように…と願います。

  2. シマザキ

    コメントありがとうございます。
    誰のために、何のためにこの仕事をして、
    誰のために、何のために自分の人生の時間を使い、
    誰のために、何のために学び続けるのか?
    そんな事を考えながら日々過ごしていると、
    大きな目標を掲げるより、身近な不幸にすこしでも
    明かりを灯せる存在でいようと思ったこの頃です。
    仕事でも心のこもった イイ仕事 をしていると、
    自己評価しています。

コメントを残す