オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

今日のお仕事

平成7年・・・ですから18年前に、
左側から来た車に衝突されて、それから右腕に重だるい症状があるという。
激痛で3週間入院したこともあるそうです。
そんな女性患者さんが、本日初診で来院されました。
これまでに数十人ご紹介してくださっている呉服屋さんからのご紹介。
辛そうだけど、人柄がすごく良い。
この人、絶対に治るな~ と思えてくる。
ご紹介者の若旦那に結果を伝えるのが今から楽しみです。
「18年間の苦しみから解放されたそうですよ~」
結果、変化に驚いて、喜んで帰っていただけました。
私が事故後の患者さんを見るときに、一番に気にしていることは、
「被害者意識」 です。
あの事故のせいで、あの相手(加害者)のせいで、こんなに私は辛くて苦しい、
なんで自分がこんな目に遭わなければいけないの、
会話のなかにそのようなニュアンスが出る方と、
きっかけはどうであれ、この問題を解決しなければ自分の人生がダメになる。
自分にはもっとやりたいことも、やらなければならないことも、楽しみも願望もたくさんある。
というような
「当事者意識」 がある人。
治りが違う気がするのですが、私の思い込みかもしれません。
でも、この人、絶対に治るな~ って直感するのは、いっつも後者なんです。
病歴が長い短い、症状が重い短い、そこは治療回数の違いが出るだけで、
治るか治らないかの違いを作るのは、ここがポイントじゃないかな~って思ったりします。
さて、明日はお休み。しかも誰とも会わない。
そんな完全休養の前日はダイエットを忘れて、ガツンと焼肉。

写真 (15).JPG

ホクホクよりもネットリと焼いたニンニクを、半分に割って、お肉で巻いて食べる!
仕事のない日にしかできない贅沢です。
ちなみに、美味しいお肉をお手頃価格で分けていただけるのが、
福生市熊川の森田精肉店さん。
もう、20年近く前、今のオフィスに移るその前、
自宅にトイレもない中古のプレハブを建てて開業した時からの患者さんご一家です。
目利きの店主さんが吟味して、しかし独自のルートで安く仕入れた国産牛や豚さんの、
それも美味しそうな部位を選んでくれます。

4 thoughts on “今日のお仕事

  1. よこぴー

    わかるわかる!わかります!
    病気を長引かせるもののひとつの要因は被害者意識ですよね~
    恨みとか
    それをさらに他人に愚痴るとか、
    暗~い顔してたりとか。
    こういった感情は健康にも悪いけど、絶対、美容にも悪いと思うので、
    改めて気をつけようと思いました。
    この人、治るな!と
    施術者側にそう感じさせる人になりたいです。

  2. みのきち

    今日、会社で嫌な事があったけど、先生の検査中のステキな笑顔と、美味しそうな焼肉の写真を見たら、なんだか元気をいただけました。
    ありがとうございました。
    明日からも頑張ります!!
    今度焼肉+ビール、ご馳走して下さいね(笑)。
    8日に一ヶ月ぶりの診療に伺いますので、よろしくお願いします。

  3. 島崎です

    よこぴー先生。
    何が幸せで何が不幸かも人それぞれ。
    全ては考え方次第ですね。
    サーノ博士の赤い本
    「腰痛は怒りだ!」
    に詳しく解説されていますよね。
    施術院にも大きく分ければ2種類あって、
    1効果を出すことで問題解決して喜んでもらう
    2その時間だけでも快適になって喜んでもらう
    患者さんもその違いを確認してから通院した方が良いと思います。

  4. 島崎です

    みのきちさん
    私もけっこう長時間働いて、嫌なことも耐えて、
    休みも少なくて睡眠時間も少なくて、
    絶対になにか体に問題が出ているはず!
    そう思って検査を受けたのに、全部正常でした~。
    もっと耐えられる、もっと働ける、今からスタートだろ! と言われた気分です(笑)
    短期的目線では嫌なことですが、
    長期的目線で、嫌なことの先に幸せがあるとわかっているので、
    今は嫌なことが起きたら、「チャンス」と思うようにしました。
    焼肉とビールは最強ですよね。
    何かあっても、これを食べれば元気になれる
    これを飲んだらスッキリする。
    そんな食べ物や飲み物、時には音楽など持っているのはいいですよね。
    「アンカリング」って言うらしいです。
    舩のアンカー(イカリ)から来ていて、
    その場所に留める役目の働きをするもの。
    元気にできるアンカリングは何がありますか?
    そのあたり8日に考えましょう。

コメントを残す