オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

上部頸椎カイロプラクティック

今日・・・といっても日付が変わってしまっているから昨日の11月4日。
上部頸椎カイロプラクティックを35年間実践している先生方3人の講演会があった。
私が開業22年。
その13年前から、しかも何も情報の無い中で、試行錯誤を繰り返し、
今日まで続く日本の上部頸椎カイロプラクティックの基礎を築き上げた先生方だ。
何も情報がない中で、頼りにするのは、
いや
よりどころは、カイロプラクティックの祖、
BJパーマーの著書、「グリーンブック」全34巻
しかなかったことだろう。
考え方も、方法もすべて「グリーンブックの何巻の何ページに書いてあります」
と言えるぐらい読み込んで、吸収して、そして実践しておられる。
僕たちは日本の上部頸椎カイロプラクティックの中では第三世代に入る。
本当に恵まれた環境で学ぶことができ、実践することができる。
妻が作ってくれるカレーのように、特別な工夫はいらない。
第一世代の先生方から教わった事を忠実に、素直に実践すれば必ず結果はついてくる。
お台場のニッコーホテルという会場もすばらしかった。
そこで聞けた話もすばらしかった。
そこに集まった先生方もすばらしかった。
今回集まったたくさんの同志が、原因療法による驚異的な治療効果を出し続け、
現在の対症療法に終始する医療現場から、予防的で積極的な医療に変えてくれることだろう。
上部頸椎カイロプラクティックの無限の可能性を身にしみて感じることができた1日だった。
患者さんは必ず治ると信じて、日々の施術に取り組める。
「治りますか?」と患者さんに聞かれて、
「治りますよ。」と答えると医師法違反になるので口では言えないが、
「治らなかったら、責任は私にあります」 と言っていい事が確信できた一日でした。

コメントを残す