オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

一本の木から掘り上げてあります。

この木彫りの桃太郎を皆さんに見て欲しい~

この表情、この力強さ、この作りの細かさ、天然の木目をここまで活かして掘り上げてあります。
もしかして、国宝?

 

19243726_10213254697347685_2089715399_o

後ろ姿。 このお尻や太もものぷっくりとした質感。
ミロのビーナスの後ろ姿も美しかったですが、こちらも見事。

19250360_10213254697787696_994410615_o

誰が彫ったの? 日本のミケランジェロ!

それがこの方、姫路城平成の大改修を手掛けた宮大工の棟梁 西嶋社長。

IMG_0127

最近はよくテレビでお見受けいたします。

宮大工の仕事の凄さを番組内で紹介しているのですが、
いつも若いお弟子さんばかりが作業していて、西嶋社長はニコニコしているだけ。

IMG_0156

でも実は、ノミやノコを持たせたら、それこそスゴイんですね。

職人を束ねて、大きなプロジェクトを成し遂げるには、それなりの力を持ったリーダーが必要です。

姫路城の改修には述べ何千人もの職人さんが集いました。


その人達から棟梁として尊敬されて、信頼されて、慕われて、

指示に従い責任を持って仕事を遂行するというチームワークの結束力には、

人柄ももちろんのこと、やはり職人としての高い技量があるのですね。


そんな西嶋社長の仕事ぶりに触れられて、私も一介の治療職人としてとても勉強になりました。

オフィスの受付に置いてありますので、ぜひ皆さん手にとってご覧になってください。

(手に持ってよいのかな? 白い手袋して持つべきでした。)

 

One thought on “一本の木から掘り上げてあります。

  1. 匿名

    島崎先生、勿体無いお言葉誠にありがとうございます。先生の心の技からくらへたら桃太郎同様赤子です。
    患者様が直接手に触れ痛みあるところ撫ぜていただければ職人として幸せです。
    宮大工 西嶋 拝

コメントを残す