オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

ベストセラー作家の才能

今日のおもしろかった患者さんの話。
抱腹絶倒な旅行記で、世の中に一大旋風を巻き起こしたベストセラー作家。
今日で4回目。 もう全く痛みがないと喜んでいただけた。
(FM放送の高橋さんご紹介ありがとうございました。)
作家という職業で、しかも売れっ子作家といえば、
いったいどんな生活パターンなのか知りたくて、睡眠時間帯などを聞いてみた。
案の定、今は朝5時ごろに寝て昼過ぎに起きるそうだ。
ところがここからがベストセラー作家の才能で、
この不規則な生活を元に戻すために、だんだん寝る時間を1時間づつ遅くしているそうだ。
そうすると、朝8時に寝て午後3時過ぎに起きるようになり、 
昼ごろ寝て夕方起きるようになり、
やがて夜10時に寝て朝4時に起きる、そんなちゃんとした時が来る!
という計画で、その為には1日25時間あるつもりで行動しているという。
普通じゃないというか、我々の常識とはまったく真逆の改善計画。
これが常人と天才の違いなのか? 
と思わせるお話でした。

4 thoughts on “ベストセラー作家の才能

  1. よこぴー

    わぁ~!面白い人ですね~!
    そういえば、人間の体内時計って25時間周期って聞いたことがあるような…?

  2. 島崎です

    めぐみんさんありがとうございます。
    よこぴーさん 今日はぴーって伸ばすのですね(笑)
    他にも25時間サイクルの人がいらっしゃるんですね。
    でもやっぱり創作活動をなさるご職業。
    他と違う発想で、またそれを実践する。
    この違いが、芸術を生み出すのでしょう。
    さて、先週私は1日3時間睡眠で仕事ができないかトライしていました。(本の影響)
    その実践編の中に、昼間のほんの5分でも10分でも昼寝をする。 とあるのですが、
    その昼寝ができないので断念しました。
    今は4時間半睡眠。
    昨日は6時間寝てしまいましたが・・・・

コメントを残す