オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

ゼッタイ直ると信じる心から

約10年前に壊れて、そのままずっと雨ざらしのバイク。
アクセルもレバーもサビついて固着状態。動きません。鍵もない。
さすがにこれを買ってきた時は
「ボロばっかり買ってきて!」と家内に怒られました。

写真 (74).JPG

私の趣味のお話ですが、やっぱり直すのが好きだし得意だし、
古いスクーターを直しています。
車とか普通バイクでは設備や特殊道具も必要ですし、
部品も重たいから腰を痛めちゃうかもしれないし(笑)
手先、特に爪のまわりがオイルで真っ黒になって、
それは治療家としてはとっても良くない事なのですが、
家に帰って夕飯を食べてそのままにしていた食器を洗うと、あら不思議!
そんな汚い手もキレ~ィになってしまいます。
そして奥さんのゴキゲンも良くなる。 一石二鳥です。
ホイールは茶色のようですが、全てサビです。
足を乗せる床の部分はサビて地面が見えます。
とにかくひどいサビ。
ボディにも穴が空くほどです。

写真 (73).JPG

今回のスクーターはかなり苦戦しましたが、
それでも昨日エンジンがかかりました。
この時の感動は言葉に言い表せません。
「ほら、10年ぶりのハイオクガソリンだぞ。 うまいか?笑」

写真 (75).JPG

快適に、そして力強く走ってくれます。

写真 (72).JPG

直らないはずがない。 誰がなんと言おうと、ゼッタイに直る!
そう信じての修理でした。
本当は来年1年かけて直そうと思っていたのですが、
早く直して、どこにツーリングに行こうかな~とか考えていると楽しくて、
集中してやったら3ヶ月で復活しました。
症状を見れば問題点の予想はつく。
予想が違ったら別の可能性が見えてくる。
それでダメでも考える。
そうすれば必ずアイデアが湧いてくる。
このプロセスが楽しいです。
そしてエンジンがかかった時の感動。
患者さんに対してもこう考えたらどうなんだろう?
そんな訓練にもなりますしね。
一石二鳥です。
でも実際は私が患者さんに対してゼッタイ治ると思うことではくて、
患者さん自身が自分の体に対して思ってほしいことなんですけどね。
だれがなんと言おうと、必ず治る!。 自分の体を大切に扱う!
どなたかのお家の納屋の奥とか、軒下とかに、
昭和30年~45年製ぐらいの日本製のスクーター、
富士重工のラビットは転がっていないでしょうか?
動くのはダメですよ。 
動かない、動きそうもない、直りそうもない状態のがあったら、
どうか譲ってください。 一生大切に乗ります。
珍しい写真です。
皇居内でラビットに乗る昭和天皇。

tenou1.gif

    (写真はラビットハウスのHPより)

4 thoughts on “ゼッタイ直ると信じる心から

  1. よこぴー

    シマザキ先生ってほんとマニアックな方ですねww
    今日、先生の治療院に伺いましたところ、写真のスクーターを見かけました。
    治療院は前回以上に明るい雰囲気で活気があってさすがですね。
    勉強になりました、いつもありがとうございます。

  2. 島崎です

    今日も遠くからお出かけいただいてありがとうございました。
    エンジンがかからないのはガソリンが届いていないか?、電流不足か何かで点火プラグが発火していないか?、タイミングが合っていないか?、のどれかなので、
    人間の体で考えれば、ガソリン=血流、電流=神経の伝達、タイミング=自律神経、という感じです。
    真っ直ぐは知らなければ、骨格=フレーム
    動きがギクシャクすれば関節の潤滑油不足。
    そんな感じです。
    これからはピットと呼んでください。 
    ラビットに乗ったピット。
    ラビット・ピット みたいな。

  3. よこぴー

    コメントのコメントありがとうございますww
    わ~機械も人間と同じなんだ~、そっか、ガソリンが血液で…  
    そんな風に考えたことなかったなぁ、やっぱシマザキ先生はさすがだわ~
    って感心してたのに最後でガクッときました。
    一文字違うと大違いですね。
    やっぱ先生、さすがですww

  4. ラビピです。

    機械と生命の違いはたくさんあるので、
    こんな事を書くと、またカイロの先生方から
    小バカにされてしまいます。
    機械は設計・製造ともに人間ですから人間が直せるけど、
    生命は人間が設計・製造したわけではないので、
    治療師(カイロプラクター)が治すことは不可能であり、そう思うのは奢りであり、間違いであって
    あくまでも、生命に備えていただいた先天的な能力によって、体は自ら治っていきます。

コメントを残す