オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

ゴーヤよ! お前もか!

オフィスシマザキのグリーンカーテンにと植えたゴーヤですが、
上に伸びずに、ずっと横這い。 
水をあげながら思わず叫んでしまいました。
「ゴーヤよ! お前もか!」

写真 (33).JPG

7月になり最初のブログは、ヴァン・ヘイレンのJUMPを聞きながらお送りいたします。
皆さんの自然治癒力を目覚めさせるために、横這いながら今月も頑張ります。
ウェイクアップ = Wake-up 目覚めろ!
アクセントwáke‐ùp
【名詞】【可算名詞】
1目覚めさせること,起こすこと.
2起床.
【形容詞】【限定用法の形容詞】
目覚めさせる(ための).
我が家の寝室は2階にあるのですが、
毎晩九時頃に妻が子どもたちに言います。
「さあそろそろ、上に行って寝なさい」
そこに私がいると、
「はいはい、おやすみ。ほら! 上行く! アップ!」
と追い立てます。
もちろん1回では済まないので連呼します。
「はいはい上行く! 上行くアップ! おやすみ~」
おかげでうちの子供達は、ウェイクアップとは、寝ること。 
だと思っています(笑) かわいそうに(笑)

5 thoughts on “ゴーヤよ! お前もか!

  1. みのきち

    先生、昨日は励ましの言葉、ありがとうございました。
    とにかく三ヶ月、自分のやれる事を精一杯頑張ります!!p(^_^)q
    今日のウェイクアップ話、こういうの、めちゃ好きです~(笑)。
    今年も半分折り返しましたね。早いもんです。
    こうやって、あっという間に歳をとるんですね…。しみじみ…。歳を重ねると時間が早いのは何でですかね。
    もし無事、実がなったらゴーヤチャンプルーでも作って下さい(笑)。

  2. 島崎です

    みのきちさん
    だれでもそうやって問題を抱え、
    それを乗り越えながら、成長していくんでしょうね。
    問題が無いことを願うからつらくなりますね。
    必ず問題は起こるわけですから。
    だから問題に対して前向きに取り組める気持ちと体力と、そしていろいろな解決策と方法論を身に着けていくことが、幸せに生きる方法だと思っています。
    ピンチはチャンス
    問題は成長の促進剤!
    万年横這いで成長のないオフィスシマザキがいう言葉では無いですが(笑)
    今は低迷していても必ず上に向かって成長できる日が来ると思っています。
    うちのゴーヤも、そうだと信じて、毎日水を上げてます。
    とれたゴーヤは、いらした時にあれば差し上げますから。

  3. 島崎です。

    人生の大先輩の西嶋棟梁から、またメールを頂いたので、皆さんにも分かち合いたいと思います。
    僕にとっては全く新しい価値観で、
    誰かのために、それも身近な誰かに喜んでもらえるために、って思うことが、1番純粋で普遍的で、1番強い目的意識になると思っていたのですが、
    「願い」という意味では、確かにか細いですね。
    誰かに喜んでもらうことが自分の喜び。
    そんなの自分が死んだら同時に消えてなくなります。
    自分が死んでも、世の中はこんな風になって、人々の歴史は脈々と続いてほしい。
    そんな願いを自分の人生に持っていたら、確かにちっちゃなことじゃ悩みません。
    人生のモチベーションになる4つのMという話を聞いたことがありますが、
    最初のMはマネー  
     お金ですね。お金のために頑張る。
    次のMは、メダル 
     表彰されるタイトルやチャンピオンのような称号です。
    3つ目のMは、ミッション
     使命に気づくことだと。
    4つ目、最上位のモチベーションを生み出すMは、メッセージ。
     願いを伝えること。
    そんな話を思い出させてくださる内容のメールでした。
    いつもこうして気にかけてくださることに感謝しております。
    前回の小鳥のぴーちゃんは、なぜ死んだら土に埋めるのか? という問答にも答えが見つからず、
    今回の課題にも、明確な答えを出せない自分と向き合っています。
    今の私と同じように悩んで苦しんでいる方にはたまらない内容ですので、どうぞ一緒に考えてください。
    {目的という事}
    自宅のある村に古くから信仰あるお堂があります。
    通称「五十三日堂」とよばれている小さなお堂です。
    私の家も縁あって古くからこの庵の守役をさせていただいており、私の八十六歳になる母が毎日欠かさずに三十段もある階段を昇りお参りに上がっております。
    その母も(先生ご存じの通り脚が不自由)年老いてきて、近頃は掃除が不便になってきましたので、その様子を見ながら私もお役目と思いちょくちょく清掃に上がっています。
    数日前の日曜日、時間が空いたので箒を持って境内清掃を行っていた時の事です。
    毎回行う作務ではあるのですがふと心の片隅に「母が喜んでくれたらなぁ~」という思いを見つけました。
    はっ!と我に帰りこれはイカン!と自身に問いかけました。
    「もう一度思ってみろ!本心か!」
     
      邪心 です。
    一番思ってはいけない作意でした。
    人は物事を起こしたり生きてく上で目的や希望を念じてから取りかかります。
    当然、これは大事ですし無ければ動けないです。。
    ところが、この目的や希望に何かしら{欲}が混ぜっていないでしょうか?
    これは、目的や希望の質の問題です。
    何かの為に・・という目的は必ずやつぶされます。間違いなく自分自身から破壊していきます。
    じゃぁどうする事が目的となるのか。。
     それは、ただ目の前に現れた事象に対し{平気}で対処するという事です。
    平気 には次の世界も過去もありません。
     ただただ、{今} なのです。
    18才の頃、私もクラスで一番にバイクの免許を取り調子にのっていました(笑)
     あの頃は本当に楽しかった。
    人は人生で幾度か回想をする時があります。
     それは一番大切な節目でありもう一度生き様を見直すチャンスでもあります。
    人として最後に動かす絶対目的は、希望でも夢でもありません。
      願いです。
    島崎先生はよき時を迎えられました。
     今、を大切にして下さい。

  4. よこぴー

     
    人生の達人、西嶋棟梁さまの深くていいお話、毎回勉強になります。
    まだまだ自分は人生の初心者ですので、欲も邪心も必要な時期、と思っておりました。
    けれども自分の道を一途にあるいてゆけば、いつか物事に 平気 で対処できるようになるのでしょうか? 
    そうなったら身も心も軽くなるんでしょうか?
    わたしはまだまだ未熟すぎ、この文章の思いを分かち合うことはむつかしかったです。
    シマザキ先生は「よき時を迎えられた」んですね。
    わたしから見ればシマザキ先生は、はるか上流にいて、清流や時に濁流のなか、がんがんクロールしている感じがします。
    でもさらに上の達人の目から見て、シマザキ先生の期が熟しているのであれば、
    1ファンとしては嬉しいことです。
    もしかしたらクロールしなくてもすいすい進めるようになるってことでしょうか?
    シマザキ先生のさらなる進化、楽しみにしておりますね。

  5. 島崎です

    よこぴーさん
    上流どころかゴーヤともども横這いです。
    自分の考えと違う、価値観と違う、
    そんな新しい考え方に対して、
    僕はいつも、「その価値観がわかる人間になろう」
    と思ってやってきました。
    そこに成長があることはわかっているので、
    いろいろな本を読んだり、教材のDVDを見漁ったりしています。
    西嶋さんは仕事だけでなく、弓道、茶道を極め、仏道も造詣が深い方ですが、
    それは私が趣味やストレス発散でゴルフをしているのとは違って、
    そうやって心を鍛えなければ、自分を律しなければ、弱い自分に打ち勝たなければいけないという立場と責任から、学ばざるおえなかったんだと、勝手に想像しています。
    西嶋さんがおっしゃっている事が理解できる自分になれたら、
    また見える世界が変わってくるとワクワクしてます。
    ワクワクはするのですが、考える糸口さえわからないのが問題です(笑)
    今度直に教わってきます。

コメントを残す