オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

コラム 究極の自然治療 Vol,1  カイロプラクティックって?

data04カイロプラクティックとは、ギリシャ語で〝Chiro( カイロ・手)、〝Prakticos( プラクティコス・技術)=良い結果をもたらす技、という意味です。私たちの健康をコントロールしているのは脳です。さまざまな不調の原因は、頸椎のずれによる神経への圧迫が、脳から発信される治癒力の伝達を阻害していることにあります。

その首のずれを「アジャストメント」と呼ばれる頸椎を微調整する施術によっ
て調整することで、脳本来の神経伝達機能を取り戻し、ホメオスタシスが保た
れた状態、つまり「自然治癒力が活性化している状態」に導くことがカイロプラクティックの目的です。薬や器具を一切使わず、両の手だけで治療を行うのが大きな特徴です。

カイロプラクティックは、1895年にアメリカの治療家D・D・パーマーによって発見され、彼の息子B・J・パーマーに受け継がれてから、当時発明されたばかりのレントゲンや、さまざまな検査装置を取り入れ、科学的・学術
的・技術的にも大きく発展しました。そして、アイオワ州のパーマーカイロプラクティック大学には、一流のカイロプラクターを目指す学生が世界中から集まるようになったのです。
B・J・パーマーは、日ごろから「体の外からの力ではなく、内なる働きが病気を治す」と考えていました。そして、その内なる働きは脳や脊髄にあると確信し、上部頸椎のゆがみ・ずれによる神経圧迫の是正に特化した「スペシフィック(特定の部位の)・カイロプラクティック」を開発しました。

1895年にアメリカの治療師 D.D.パーマーは、耳が聞こえなくなった方に対して、骨格から治療し劇的な改善をおさめました。

この奇跡から研究が進み、2代目B.J.パーマーはここに東洋思想を織り込み、肉体と精神の関係に着目。

「自然治癒力」 という生命に標準装備された生命力を活性化することで、カラダが自らのチカラで治ると定義。

そして自然治癒力は体がより自然な状態でこそ発揮できることから、「自然は助けを必要としていない」という言葉をのこしました。

どのような効果がえられる?

現在では人に限らず地球そのものが 自然な状態 ではなくなりつつあります。だからこそ、我々の治療がもたらす効果は大きく、生命力の強さに目を見張るほど 自然治癒できる患者さんがほとんどです。急な痛みやこのごろ何かおかしいという違和感にとても効果があります。科学的な観点から、自然治癒力と共に脳科学を重要視して慢性痛に対応。

(痛みからの不安→不安からはじまる緊張→緊張が作る痛みという悪循環 および痛みの記憶などが発生。脳内では「痛みの幻覚」を引き起こしてしまうため、慢性痛にはより的確な処置とアドバイスが必要とされます。)

カイロプラクティックと整体の違いは?

学問的にはカイロプラクティックは神経圧迫を起こした椎骨(背骨)の矯正なので、背骨に処置をします。整体は背骨だけでなく他の様々な関節や筋肉靱帯も治療対象になります。カイロプラクティックでは治療の際 必ず問いかけることがあります。3W1HといってWhen=いつ? Where=どこを? How=どのように? Why=なぜ?いつ治せばよいのか? どこを治せばよいのか? どのように治せばいいのか?なぜ手助けが必要なのか? 治療が有効であるための定義です。